こちらでは御存知YOUTUBEの動画を貼り付けまして、広島のMETALLICAブートレグ番長・STAFF良平先生に
メンバーの様子・お客さんのテンションなどいろいろ勝手に解説して貰いましょう。 

尚、スタッフ良平に「こちらの動画を解説して下さい」と言われる方、
いらっしゃいましたら是非良平までメールを送って下さい。
ryouhei@metallica-japan.com
もちろん解説して欲しい動画のアドレスもお忘れなく~。

 

 

4/27 FUNNY METALLICA MOMENTS Vol.6

http://youtu.be/VkaXot1pgWE

本日良平お休みの為ウエテツがお伝えするのはいつものようにFUNNY METALLICA MOMENTS。
今日はVol.6です。 前半はCLIFF EM ALLでお馴染みな場面が多いですね。私も当分CLIFF EM ALLは
見てないので偉く懐かしく感じました。というか最近はYOUTUBEがあるのでDVD出してまでミュージックビデオは
全く見なくなりました(-_-;) 以前はブートビデオも色々買ったりしていましたが今は全くですね。
CD買ったら特典で付いて来るDVDも一回見たらそれ以降全然見なくなりましたし・・・これも音楽離れなのかな。。
今日のビデオで一番好きなシーンはJAMES、KIRK、LARSが止まるシーンですかね。その後ぎこちなく動き始める
JAMESが笑えます。 以前はライブの途中にステージでビール飲んでたりしてましたが、今は全く。
JAMESは今でも禁酒してるんだっけ? 年齢的にも酒をあおって演奏する年ではありませんけど、昔は常に飲んでて
起きたら知らないねーちゃんが横に寝てたってインタビューで言ってたな~。そんな事もイイような悪いような話です。

来週GWはこちらのコーナーはお休みです。 皆さんも楽しいGWを過ごして下さいね。
そして5/7よりとうとう今年のフェスツアーが始まります(^O^)/

 

 

 

4/25 『偶然の発見』

http://www.youtube.com/watch?v=OH8jnlkbvzI

本日紹介する映像は1992年6月16日Mississipi Coliseum公演の映像より『The Four Horsemen』を。
曲全編のVoをJasonが担当している非常にレアなブートレグ映像です。

実はこの映像を見つけたのは偶然の出来事でして・・(苦笑)。
NEWSコーナーでもお伝えしているように今年の夏に行われるMexico公演のステージで久しぶりに
設置されるという”Snake Pit”の映像を紹介しようと探索してたら偶然この映像を見つけました。
ステージ真ん中にぽっかりと穴が開いてそこに数十人の観衆が入ってる所がSnake Pit、当時の
Met Clubberから選ばれた人のみ入れたまさにVIPゾーン。これが今回の公演でも使用されます。
兄貴も言ってますが僕自身も本当ここでLIVE観るのが夢ですね。

で、更に紹介したいのはJasonが曲全編でVoを取ってるという事。
JasonがVoを担当するのは珍しい事ではないのですが全編って事になるとあまり観た事がないなと。
この時Jamesの喉にトラブルがあったのか、ただの気まぐれなのか定かではありませんがJasonが
好きな僕としては嬉しい発見でした。

Jasonが歌うとどうしてもDeath Metalチックな仕上がりになりますね(笑)。

 

 

 

4/23 『疲労困憊です(汗)』

http://www.youtube.com/watch?v=ziKDiDRO4jw

NEWSコーナーでお伝えした通り来月久しぶりに自身のBANDでの主催イベントを開催します。

イベント自体の下準備もほぼ整った状況になり先日BANDの練習がスタート。
前回のLIVEは昨年9月、その間他のBANDで演奏する事はあったもののMETALLICAを演奏するのはやはり
相当な覚悟が必要でして・・まぁ~要は”体力勝負”なので(苦笑)。あまり言いたくはありませんが
年齢も年齢なので体力も間違いなく下降気味、半年以上ぶりにスタジオ入りした今回も物凄い消耗ぶり。
LIVEとなるとスタジオの何倍も体力消費しますので来月まで整えないと・・。

で、今回久しぶりにこの曲を演奏しました。
一見シンプルに聞こえるこの曲ですが演奏してみるとなかなか難しいと感じた方は多いかと思います。
初めてBANDで演奏するGuのT君は結構苦戦してたな。この曲はとにかくリズムの作り方が肝、特にGuの
アクセントの取り方は非常に大事でしてそれが念頭に無いとこの曲は成り立たない・感じが出ません。
この映像を見るとそれがよ~く分かりますよね。全体が非常にまとまってるので物凄いグルーブ感を
感じる演奏となってます。

果たしてこの曲を披露する事ができるのか・・今後の練習次第ですね。
素敵なBANDが集結してくれたMETALイベントです。お近く・ご都合の良い方は是非遊びに来て下さい!

 

 

4/20 『METALLICA流ウォーミングアップ方法』

http://www.youtube.com/watch?v=S6fYBhovpQ0

本日紹介する映像は2007年7月13日Denmark・Aarhus公演の楽屋でのリハーサルの模様を。
METONTOURが提供している映像ですので若干画質が粗く観難い所もありますのでご了承を。

METALLICAのLIVEにおいてメンバーが本番直前までウォーミングアップ的に楽屋で演奏している事は
皆様も承知の事、シビアにチェックしてる時もあればふざけて演奏している事もしばしば(笑)。
今回の映像はどちらかというと後者かなと。KirkとLarsは結構真面目に演奏してる反面Jamesと
Robertの二人はダンスに夢中(?)、こういった映像はMETONTOURならではで楽しみの一つですよね。
Larsは以前のTOURで使用してたシルバーのDrセットを使用してます。

LIVE直前までこうやって演奏し状態を整えるのは力まず自然な形でLIVEに臨む為の方法の一つ。
リハの場所は会場によって本当いろんな所を使用してるのですがこの時の場所は物置のような所(笑)。
”演奏が出来れば・音が出せればそれでエエのよ”といった感じでしょうか。

 

 

4/18 『更に追加+夏フェス参戦決定』

http://www.youtube.com/watch?v=hNY4Z4KIKrs&feature=relmfu

今年夏のMexicoでの公演が更に2公演追加されました。
いやぁ~全8公演ですよ。同所での公演数としては最高記録となるのではないでしょうか。

既に先に発売されてた6公演分はソールドアウト、恐らくこの追加される2公演も瞬時に売り切れる
可能性がありますね。そしてどうやら8月中旬に地元サンフランシスコにて行われるフェスティバルに
参加も決定のようで(詳細は未定)夏は北米・南米に世界中のMetファンが集結しそうな気配です。

Mexico公演8公演はどんなLIVEが展開されるのでしょうか。
2009年に行われたコペンハーゲン公演5公演においては全公演全てセットリストを入れ替えかなり
レアな曲も演奏してくれましたよね。今年は「BLACK ALBUM」「Ride The Lightning」完全再現の
LIVEをするという事を公にしている事もありますので幾つかの公演ではこの流れを再現する形が
予想されます。そしてもしかしたら新曲が演奏される可能性も・・・期待したいですよね。

映像は先程お話した2009年コペンハーゲン公演におけるオープニング曲『That Was Just Your Life』。
”Fan Can 6”に収録されてた映像です。この時のツアーではアリーナの真ん中にステージを擁した
360度ステージが使用されこの曲においてはレーザー光線を使用した照明演出が話題となりましたよね。
演奏以外でも視覚的に楽しませてくれるMETALLICAのLIVE、今年もいろんな話題を提供してくれそうです。

 

 

4/16

http://youtu.be/4XX4AgAIknQ

今日は良平お休みで私ウエテツがお伝えします。今日も良い天気!私今週も頑張って行きましょう~。
いつも大爆笑させてくれていますFUNNY METALLICA MOMENTのNo.5です。
この回は冒頭ROBの特集っぽくスタート! 相変わらず自然体っぽい笑いが最高の4人。
これは持って生まれたユーモアとオッサンの余裕って感じでしょうか? まぁ若い時も雰囲気は同じで
多少汚い言葉の数が多い気がしますがユーモアのセンスはバツグンです(^O^)/ 
他のバンドにはない人間味溢れるMETALLICA像は音楽と同じぐらい彼らの武器になってる事は
言うまでもないですね。30年も一線でやって来れるには色々な理由がありますが、
変なイメージ戦略よりこういう自然さを出す方がかえって良いイメージを持つように思います。
さすがMETALLICA!持ってるぜ~!

 

 

4/13 『歴史の流れ』

http://www.youtube.com/watch?v=UCDhsE0TJGY

本日紹介する映像は1991年9月28日ロシア・モスクワにて行われたイベント”Monsters Of Rock”より
『For Whom the Bell Tolls』の映像を。

このイベントが行われた当時のソ連(ソビエト連邦)は混乱の時期の真っ只中、世界史に関しては
あまり詳しくないのですがそれまでの共産主義から脱却し民主化への動きが高まってたいわゆる
”ペレストロイカ”が進み結果的にこの年の末にソ連は崩壊するという歴史的な年に行われたこの
イベントにはMETALLICAの他にAC/DC(ヘッドライナー)やPANTERA等が参加、噂では数十万人もの
観衆が集まったというまさに歴史的なイベントでした。

今となってはロシアでの公演はヨーロッパツアーに盛り込まれ当たり前のように訪れてますが
当時この国に入るという事自体が難しい時代、勿論この時がMETALLICAにとっても初のロシア公演
という事になるのですが観衆の熱狂ぶりにメンバーも感激してるのは映像を見ても分かるかと。
イベントのセキュリティーを軍がやってるのが当時の状況・雰囲気を感じさせます。

映像が若干記録映画的なモノなのも良いかなと。
今から約20年前、メンバーにとってもイベントに参加した人達にとっても決して忘れる事のない
出来事になったのは言うまでもありませんね。

 

 

4/11 『HQリハーサル』

http://www.youtube.com/watch?v=wcgTUKQUE7I

NEWSコーナーでお届けしているようにMETALLICAは来月からのTOURに向けてリハーサルを敢行してる
模様、兄貴もお伝えしてるように恐らく曲作りも平行して行われていると思われスタジオには沢山の
機材・PC関係が所狭しと置かれてる様子が写されてます。

さてMETALLICAのリハーサルが行われるスタジオと言えばお馴染み”HQ(=Head Quarter)”。
今ではMETALLICAの全ての仕切りはここで行われるとも言われてるいわば本部みたいな場所。映画
「SOME KIND OF MONSTER」ではここでの様子を中心に撮られてますし最近のリハーサルの写真や映像
もHQスタジオで撮影されたモノが多いのでファンにとってもお馴染みの場所ですよね。

HQという場所を僕が初めて目にした映像はこちらの映像。
アルバム「St.Anger」に同封されてた同アルバム全曲のLIVE演奏を収録したDVD。このDVDが収録された
場所がまさにHQスタジオです。今と比べると少し機材も少なく若干広々としてる印象がしますが恐らく
今の方がいろんな意味で使い易い場所になってるんでしょうね。空き家を買い取ってスタジオ作って
好きな時に演奏できて曲作って・・・METALLICAクラスになるとこういう贅沢な生活が出来るんです。
ミュージシャンにとってはこういう生活・環境がまさに夢でしょう。

 

 

4/9 『春になりました。』

http://youtu.be/qOZP28ZIzg4

ようやく春を感じるような今日この頃。
我々も先週末花見をしてきたのですが桜の下で仲間と共に飲むビールは最高でした。
昨日が花見ピークでしたかね?恐らく今週が最終週となるでしょうからまだという方は是非!

METALLICAの情報は無い中気になるのは来月から始まるヨーロッパツアー。
ここでも何度となくお伝えしてますが春の季節はここ数年ヨーロッパで行われるフェスティバルに
積極的に参加する事が多くなってますよね。今年も例年通り、というか恒例行事かのように沢山の
公演が行われる事になってますが果たしてどんなLIVEを見せてくれるのか、非常に気になります。
こちらのコーナーでもツアーが始まったら随時情報をお伝えしていきますね。

映像は昨年7月3日Sweden・Gothenburgでの”BIG 4”公演から『Blackened』。
非常に安定感のある演奏、Jamesの弾く切れ味鋭いリズムギターが本当に素晴らしいですよね。
ここ最近ではほぼ毎公演演奏されてきたこの曲、果たして今年は組み込まれるのでしょうか。

 

 

 

4/6 『真夏の祭典'88』

http://www.youtube.com/watch?v=sFzIlNHCybs&feature=related

本日紹介する映像は1988年7月3日Dallas・Cotton Bowlにて行われた”Monster"s Of Rock'88”に
出演した際の映像。スタンド席より撮影されたモノで恐らく機材は8mmカメラかなと。手ぶれがある
少し見難い映像ですがイベントの様子を克明に撮らえた貴重な参考資料となる映像です。

88年の映像は以前こちらでも紹介した際にお伝えした通り現存しているモノが少なく特に状態の良い
映像は本当に希少だと思います。こちらの映像は決して素晴らしく良いモノとは言えませんが殆ど
”見れない”映像が多い中この映像は良いモノかと。結構画面がブレますので見る際はご注意下さい。

このTOURでのMETALLICAの出番は昼間、かなり暑い時間でした。
それを示すかのように最前列付近よりず~っと放水されており熱中症・日射病への対策がとられて
ますね。2006年のサマーソニックで僕も体験しましたが夏のフェスの暑さは半端ないです。特に
最前列付近はもう考えるだけ・思い出すだけでで嫌になるほど(汗)。しかもこの時なんて廻りは皆
屈強な方々ばかり、まさにその場に行く人は”怖いもの知らず”な方々だったんでしょうね(笑)。

アリーナ公演の数倍の暑さを想像して頂ければその場の空気を多少感じて頂けるかなと(笑)。

 

 

 

4/4 『昨年のNY公演の模様』

http://youtu.be/vUnKE3rpANI

本日紹介する映像は昨年9月14日NY・Yankee Stadiumにて行われた”BIG 4”公演での映像を。
曲は『Enter Sandman』、スタンド席より撮影された非常に安定した映像です。

先週お休みを頂いてる際にこの日の公演の模様をじっくり観て思ったのはMETALLICAの人気は別格。
他のバンドの映像も沢山出てるのでそれも見たのですがバンドによって状況が全く違う状況に唖然、
特にオープニングで出演してたAnthraxの様子を見るとビックリする程観衆の数が少ない事に本当
目を疑ってしまいました(どうしてもオフィシャルDVDやヨーロッパでの状況を想像しちゃうので)。
Megadeth、Slayerへと続く流れで観衆の数は徐々に増えていく状況を映し出されていく映像が
沢山出回っておりますので興味ある方は探してみて下さい。

今年は6月にMETALLICA主催のフェスティバルがありますが”BIG 4”はもう無いんですかねぇ~??
正直他のバンドの状況を観てると少なからずアメリカでの開催は難しいかなと思ってしまいますが
さてどうなる事でしょう・・。

 

4/2 『Mexico City 6Days!!』

http://www.youtube.com/watch?v=BX87trR6QTw

4月です。
広島も少しずつですが暖かくなり春の訪れを感じる今日この頃です。桜は今週かな。
先週一週間のお休みを頂きましたが今日よりまた更新していきますので宜しくお願いします。

お休み頂いてる間に8月頭にMexico Cityでの6公演が決定しました。
9日間で6公演、何とも羨ましいし贅沢ですよね。レコーディング作業を一旦お休みしお子様達の
夏休みを利用して南米旅行がてらLIVEを行うのかなぁ~と勝手な想像をしてしまいますが6公演
も同場所で行うというのは2009年のコペンハーゲン5公演を思い出してしまいます。
チケットは既にSoldout・完売、メキシコの夏はかなり熱くなる事でしょう。

映像ですが話題に相応しい・・というかたまたまですが1993年Mexico Cityの映像です。
「BLACK ALBUM」におけるTOURを収録した”Live Shit Box Set”には1993年3月1日Mexico City公演
のLIVEを収録した音源・CDがありますがその時の映像がこちら。音声はLive Shitの音を同期させて
ます。実はつい先日この映像の完全版が流出しショップで発売されまして僕も手に入れたのですが
当時のMETALLICAの凄まじさを改めて感じさせられるような素晴らしい映像である意味Live Shitの
映像よりも生々しくて良いです(因みに音声はラインで収録されてます)。

8月には同じ場所でLIVEが行われるだけに良い意味で比較する事ができますね。
さてどんなLIVEをしてくれるのでしょう?今から楽しみです。

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.