こちらでは御存知YOUTUBEの動画を貼り付けまして、広島のMETALLICAブートレグ番長・STAFF良平先生に
メンバーの様子・お客さんのテンションなどいろいろ勝手に解説して貰いましょう。 

尚、スタッフ良平に「こちらの動画を解説して下さい」と言われる方、
いらっしゃいましたら是非良平までメールを送って下さい。
ryouhei@metallica-japan.com
もちろん解説して欲しい動画のアドレスもお忘れなく~。

 

 

3/23『Fillmore終了』

http://www.youtube.com/watch?v=8gragQR1OYM

約3ヶ月もの間こちらでお届けしてきた「METALLICA 30th Anniversary Show in Fillmore」も
本日を以って終了です。最後に紹介するのは勿論この曲『Seek & Destroy』、Fillmore4公演で
唯一全公演で演奏された曲となります。

長い時間を掛けて12月のFillmore公演を簡単に振り返りましたが改めて見てもMETALLICA史上
最強に凄いイベントだったなと。通常のLIVEとは一線を画してるのは勿論今まであまりLIVEで
演奏されなかった曲が演奏されたり数多くの大物ゲストが登場し共演したりとまさにこの公演は
METALLICAの歴史を振り返り、そして彼らの功績を祝うに相応しいイベントだったと思われます。

僕自身も初日の公演に参加できた事を誇りに思いますし他の参加者・Clubber達も同様でしょう。
各公演セットリストのカブり無し・約80曲もの楽曲を用意し世界中から来たファンに楽しんで
もらうというMETALLICAメンバーのファンへの思いが伝わった公演・イベントだったなと思います。

今現在は休暇を楽しむと共に次のアルバムに収録すべき楽曲を作成してる最中でしょう。
5月にはヨーロッパツアー、6月には主催イベント、そして8月にはメキシコ公演が決定し今後も
益々彼らから目が離せないなと。我々も出来る限り彼らの情報を提供できるよう頑張ります!!

Fillmore公演はこれにて終了、長くお付き合い下さり本当に有難うございました。
来週はこのコーナーお休みさせて頂き4月よりまた更新していきますので何卒宜しくお願いします。

 

 

3/21『初期Metallica Family 大集結』

http://www.youtube.com/watch?v=Fze07BgLrb8

2011年12月10日FILLMORE公演最終日もいよいよ佳境です。
最後のゲスト”Lloyd Grant”と”Ron Mcgovney”を迎えての『Hit The Lights』を。

Dave Mustaineが最後のゲストと思ってた方も多いと思いますが最終日は更なるゲストが登場、
共にMETALLICA初代メンバーとなる”Lloyd Grant”と”Ron Mcgovney”がステージに登場しました。
Ron Mcgovneyに関してはその昔名前を聞いた事があるのですがLloyd Grantに関しての知識が僕は
全く無かったのでその容姿・風貌を見てビックリ、何と黒人の方でしたね。MetallicaのLIVEに
おいて黒人の方が参加するのは観衆を含めて大変珍しい事、一見Bluesギタリストかのようにも
思えるその姿に当初は困惑すら感じましたね。帽子が非常にチャーミングだなと(笑)。

初期のメンバーが一同に介す事はまずこの先でも考えられないのでこれは本当に貴重なショット。
また彼ら全員にとって非常に大切な曲であるこの曲をこのメンバーで一緒にステージで演奏した
時間は忘れ難いモノとなった事でしょう。この日の観衆は本当ラッキーですよねぇ~、羨ましい!

ステージ真正面から撮らえた安定感のある素晴らしい映像、頭一つ上からの撮影なんで撮影者は
かなり大きい人だったのかなと。こういう映像が見れるのは嬉しいのですがやはり希望としては
オフィシャルで発売して欲しいなぁ~と思いますね。

 

 

 

3/19『大佐光臨、奇跡の共演再び』

http://www.youtube.com/watch?v=Fze07BgLrb8

本日の映像も2011年12月10日FILLMORE公演最終日の模様をお送りします。
イベント終盤、この日のメインゲスト”Dave Mustaine”大佐との共演映像をご紹介します。

Dave Mustaineがこの日登場するのを期待してた人は多かったでしょう。
彼自身Twitterでサンフランシスコへ移動するとつぶやいてた事もあり会場のファン達はその
歴史的瞬間を今か今かと待ち望んでたはず、いよいよその瞬間を迎えた会場の盛り上がりは
さすがに凄まじいモノがあります。METALLICAとDave Mustaineの関係を今更語る必要はないので
省略しますがBIG 4での共演で一気に距離が近付いたもののまさかMETALLICAのLIVEに大佐が
登場するなんて・・METALLICAのファンは勿論世界中の全HR/HMファンがこの共演に驚愕した事と
思われます。

演奏した曲は勿論全て「Kill 'em All」から3曲。
その中でも冒頭のメインリフを大佐が弾くこの『Metal Militia』が個人的には目玉だったかなと。
曲が始まる前にKirkが大佐の所に歩み寄り何やら耳打ちしてますがこれはどうやら演奏の割り振り
を決めてたよう、その後大佐が奏でる”鋭く歪んだ”実に強力な音に鳥肌が立ちます。

こんな歴史的瞬間を見れるなんて我々は何て光栄なんでしょう。生きてて良かった・・・。

 

 

3/16『これぞマニアック?!』

http://www.youtube.com/watch?v=uFfI1_6W3Zw

3月中旬となりました。
昨日我が家にも会報誌”SO WHAT!”が届きましたが皆様の所にも届きましたでしょうか?

今回は初のインド公演の模様やルー・リードとのヨーロッパ・プロモーションツアーの模様等
が掲載されてます。インド公演に関しては残念な事もあったのですがMETALLICAのLIVEに涙する
女性や歓喜する観衆の写真を見るとインドのファンにとって画期的なイベントだったんだなと
改めて思わされましたね。

さて本日の映像も2011年12月10日FILLMORE公演最終日の模様です。
本日はゲスト”Hugh Tanner”を迎えて演奏された『Motorbreath』の映像を。

”Hugh Tanner”・・正直僕は昔のMETALLICAの歴史に関して詳しくなくこの方の詳細は全くと
言って良い程知識がなかったのですが(恥)いつも拝見させて頂いてる「メタリカ情報局」様
の説明によると”JamesがMetallicaの前に活動していたBAND「Leather Charm」のギタリスト”
との事。ん~ん、これは本当にマニアックだなと(笑)。会場に居たClubber達の様子を見ると
彼の存在を知ってる方が多いので長年のファンにとっては嬉しい共演だった事でしょう。

ステージに登場したHugh Tannerは幾分緊張気味な様子。
2階関係者席には家族が来てたのか、そちらに手を振る様子が何とも微笑ましいですね。今彼が
何をして生活をしてるのかは分かりませんがこの短い時間の共演を幸せに感じた事でしょう。
そしてそれはメンバーも。特にJamesが満面の笑みを浮かべながら演奏している姿が非常に
印象的な映像です。

 

 

3/14『Jason Newstedとの共演 その4』

http://www.youtube.com/watch?v=aD0ldCw_N0I

まだまだ続くFILLMORE最終日の映像。
本日はこのイベント全公演にゲスト出演したJason Newstedとの最後の共演映像を。

僕が参加した初日でもそうでしたが4公演全てに参加したJasonへの歓迎ぶりは凄まじいモノが
ありました。その熱狂的な歓迎ぶりに彼もさぞ感激した事と思われますがこれはやはり彼が
METALLICA在籍中に残した大きな功績を称えた証だったのではないかなと。86年に加入してから
彼への(BAND内外における)風当たりは凄まじく厳しかった事、永遠に続く過酷なロード生活、
そして尊敬してやまない最愛のパートナー(=Jamesの事)から厳しい態度を取られた事により
彼自身脱退へと進んでしまいましたが今回の反響でMETALLICAの歴史における最重要人物の一人
である事が証明されたのではないかなと個人的には思います。

曲は『WHIPLASH』。
1~2番はJasonがVoを担当してますがこれも昔ではよくあった光景、何とも懐かしい感じがします。
眉間にシワを寄せながら歌う”あの顔”が、そして唯一無二の”あの声”がたまらなく好きです。
今回の共演でBANDとJasonの距離は間違いなく近付いたでしょうから”またの機会”を期待したい
ですね。やはり僕はJasonが好きです。

 

 

 

3/12『PRINCE OF DARKNESS,まさかの登場!』

http://www.youtube.com/watch?v=xS9wog9n6XQ

2011年12月10日FILLMORE公演最終日の模様を引き続きお送りします。
本日は更なるサプライズゲスト”PRINCE OF DARKNESS”ことOzzy Osbourneとの共演映像を。

OzzyのFillmore登場は会場にいたClubber達は勿論世界中のHR/HMファンがビックリした事と
思われます(勿論僕も本当仰天しました)。前回紹介したGeezerとの共演で上がった温度が
更に上昇したといった感じ、会場にいた方達もこの光景は本物なのか?と目を疑ったでしょう。

OzzyはやはりOzzy、彼がステージに登場するとそこはすっかり”Ozzy World”。
既にこの共演映像を見た方は沢山いらっしゃると思いますがあえてもう一度見て頂きたいなと。
世界最高峰の共演、まさに歴史的共演をとってもリアルな映像で楽しんで下さい。

 

 

 

3/9『巨匠登場』

http://www.youtube.com/watch?v=6y-_XqyLpc8

2011年12月10日FILLMORE公演最終日の映像を引き続きお送りります。
本日は超ビッグゲスト”巨匠”Geezer Butler(Black Sabbath)と共演した映像を。

HM界において最も影響力を及ぼしたと言っても良い程の超大物バンド「Black Sabbath」。
”HM=Heavy Metal”という言葉を世に送り込んだとも言われる程音楽界においての革命児であり
先駆者。今でも多くのミュージシャンが彼らの音楽に影響を受けた事を公言してます。METALLICA
のメンバーも同様、この共演が叶った事に感激してるのは演奏前の様子から伺えますね。

曲はアルバム「Garage Inc.」に収録された曲『Sabbra Cadabra』。
Robert他メンバーにとっては偉大な先輩であり憧れの存在である事から幾分緊張気味な面持ちで
演奏してる反面Geezer師匠は至って淡々と演奏してるのが実に印象的。年齢を感じさせない見事な
指弾きを是非とも堪能して下さい!

 

 

3/7

http://youtu.be/Y-rKkAOF9LU

本日良平お休みの為、私ウエテツがまたまた前回同様に「FUNNY METALLICA」の続きを。。
有名な映像と最近の映像が多いので私、今回のは全部見た事がありました。20年前のウェンブリーでも
フレディーマーキュリーの追悼コンサートのバックステージがありましたが、JAMES若い。。
カッコ良い! 背が高くて細くて、言葉が汚い(笑) その後のDEATH MAGNETICの時が
一番腹出てたかも知れませんね。 う~ん重そう。。

 

3/5『黄金期コンビ』

http://www.youtube.com/watch?v=7d7_4toBWZw

2011年12月10日FILLMORE公演最終日を引き続き。
ここから大物ゲストとの共演映像をドド~ンと紹介していきますよ~!

この日最初のゲストとして登場したのは90年代のMETALLICAを支えた名プロデューサー「Bob Rock」。
”BLACK ALBUM”をはじめ彼が手掛けたMETALLICA作品はことごとく大ヒットしMETALLICAの地位を
一気に高めた功績を持つ人物。現在のMETALLICAにとってまさに無くてはならない人物の一人です。

ご存知の通り”St.Anger”作成時はBaが不在だった為彼がBaを弾いてるのは有名ですよね。
このアルバムの音に賛否両論あった事もありましたが2003年にMETALLICAが復活するに至るまでの
道のりにおいて彼の存在は本当に大きかったなと(映画”SOME KIND OF MONSTER”でもその様子は
伺えます)。結果このアルバム以降それぞれお互いの道に進む事になるのですがBobの功績は
あまりに大きなモノと言えます。

曲は『Frantic』。
久しぶりに公の場に登場したBobはかなり痩せたように見えますね。Bob自身ステージに立つ機会は
少ない為この共演はClubberにとって嬉しい共演でしょう。少し見難い映像ですがこの曲の動画は
意外と少ないのであえて紹介しますね。

 

 

 

3/2『(当時)未発表曲 その4』

http://www.youtube.com/watch?v=BeX13hYlMMM&feature=channel_video_title

本日も2011年12月10日FILLMORE最終日の映像にお付き合い下さい。
この日も(当時)未発表曲をファンの為に演奏、『REBEL OF BABYLON』がお披露目されました。

複数のカメラで撮影された映像を編集しLMの音と同期されたPV風な素晴らしい映像です。
LMの音を使用してるので分かりますがまぁ~何と”リフの多い・展開の多い・歌詞の多い”曲
なんでしょう(笑)。これはっきり言って覚え難いですよね。メンバーもよく覚えたなと(笑)。
反面実にMETALLICAらしい楽曲だなと。曲作りの上でLarsが”これとこれを繋いで・・”という
光景が目に浮かびます(笑)。

この曲に関しても以前紹介した曲『HELL AND BACK』同様アルバムに収録されるようなクオリティー
を持った曲ではないなと個人的には思います。全体的にバラバラ感も伺えますし歌メロに関しても
無理やり感がある上パンチが無いかなぁ~と。次から次へと展開していく曲調にはワクワクさせら
れるのですが最終的にはまとまってない印象を受けます。

あくまで個人的意見ですのでご了承下さい。

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.