こちらでは御存知YOUTUBEの動画を貼り付けまして、広島のMETALLICAブートレグ番長・STAFF良平先生に
メンバーの様子・お客さんのテンションなどいろいろ勝手に解説して貰いましょう。 

尚、スタッフ良平に「こちらの動画を解説して下さい」と言われる方、
いらっしゃいましたら是非良平までメールを送って下さい。
ryouhei@metallica-japan.com
もちろん解説して欲しい動画のアドレスもお忘れなく~。

 

 

11/25『少しの間お休みします』

http://www.youtube.com/watch?v=nIHbS6RtYRE&feature=related

寒くなりました。風邪引いてませんでしょうか?
そして地震が多発してます。今朝ここ広島でも揺れたのですがどうやら全国に渡って地震が発生
しよう模様、本当に怖いですね。こればかりは突然やって来るので備える事は出来ないですからね。
今年はいろんな意味で異常な一年になってます。

さていよいよ我々が出発するまで数日となりました。
先にスタッフZAKKのいるバンクーバーへ向かいましてその後公演の日当日にサンフランシスコへ
入る予定となってます。公演までは約10日ですが今回ばかりはどんなLIVEになるのか、全く予想
できませんね。とにかくスペシャルなLIVEになる事間違いなし、我々も思いっ切り楽しんでこようと
思ってます。勿論沢山の写真を撮ってきますしレポートもする予定ですので是非ご期待下さい!

という事で来週から帰国までの約2週間こちらのコーナーお休みを頂こうと思ってます。
これだけ長く日本から出る・仕事を休むのは初めてですので今現在もその下準備にそれぞれ奮闘中。
帰国後落ち着きましたら今まで同様HPを更新していきますのでご了承下さい。

それでは少し早いのですが『行ってきます』。SFでお会いできる方は是非ご連絡下さいね。

 

 

11/21 JAMESの一日

http://www.youtube.com/watch?v=VJ0NQECUHtQ

本日の動画は2004年オーストラリアのフェスツアー中のJAMESの一日を追ったMETONTOURの
動画です。 ツアー中、宿泊するホテルや毎日規則正しい生活が出来ない事から酒やドラッグで
身を滅ぼしてしまうミュージシャンが続出してしまうのですが、METALLICAはその危機を乗り越えながら
生き残った数少ないバンドの一つです。 JAMESのこの健康的な表情! 今から8年近く前ですので
40才ぐらいでしょうか。ホント、カッコ良くてセクシー。 ST.ANGERの録音時にアルコールの
問題を抱えてクリアしたあとのツアーですのできっとかなり気を付けていたのはないでしょうか。

途中出て来るM&Gの内容が面白そうなので是非ZAKKに訳して貰いたいですね。
それにしてもこの時代も物凄い人気。。 驚きです。。

 

 

11/18『実はこの時も・・』

http://www.youtube.com/watch?v=AlhCvAW2ERY&feature=fvst

本日紹介する映像は1993年6月5日イギリス・Milton Keynesでの野外LIVEの映像。
現地テレビ放送から貴重なプロショット・ブート映像です。

ヨーロッパでのMETALLICA人気は凄まじいモノがあるという事は以前でもこちらのコーナーで
お伝えした事がありますがこの当時も本当に凄かったですよね。特に93年のヨーロッパツアーは軒並み
スタジアムでの公演が主流となっており殆どソールドアウトだったとの事。今ではフェスティバルが
多くなってますがこの当時はあまり無くほぼ単独公演(前座付)でしたから驚異的と言えます。

この映像の日のLIVEは実は少し話題になったのですが何がと申しますと実はこの時の前座を務めたのが
”DIAMOND HEAD”、そして何と”MEGADETH”でした。METALLICAとMEGADETHの共演という事もあり
この時の公演には5万人以上集まったというLIVE、今でいう”BIG 2”が実はこの時実現してたんです。

観衆は勿論何らかの形で一緒にステージに上がるのでは?という期待もありましたがこの時は何もなし。
お互いがお互いのステージを滞りなく終えてイベントは終了したとの事、MCでも互いのバンドの事には
触れなかったようです。まぁ~当時は双方まだ若くギラギラしてましたからね(笑)。今はすっかり
大人になったなと(笑)。

曲は『Disposable Heroes』。
当時としては演奏されるのが珍しい曲の一つでしたね。スラッシュなMETALLICAを感じる映像です。

 

 

11/16『聞きたいCover曲』

http://www.youtube.com/watch?v=IWvQA_-DxPE&feature=related

我々一行が旅立つまであと半月となりました。
自分の中ではカウントダウンが始まっておりまして少しずつですが緊張感も漂ってる今日この頃。

今回の”METALLICA 30th Anniversary Show”は計4公演が行われますがどんなLIVEになるのか、
どんな曲が演奏されるのかさっぱり予想できません。今までのTOUR・LIVEとは全く一線を画した
モノになるのは間違いないでしょうしHP上での”SpecialなLIVEになる”とお知らせしてるので
過去演奏される事が少なかった曲も披露される事でしょう。

LIVEでCover曲が演奏される事も当然あると思われます。
僕個人的に聞きたいCoverはこの曲『Whiskey in the Jar』。Thin Lizzyの地元ダブリンでは毎回
演奏されますが他の地域では演奏される事が少ないので聞いてみたいですね。前にもお伝えした事が
ありますが個人的に好きでして曲を聞くと凄くテンションが上がるんですよね。ダブリン公演での
観衆がリズムに合わせてジャンプしてる映像みたいな光景がフィルモアでも見てみたいなと。

それにしてもこの時のアルバムの音は良いですねぇ~!

 

 

11/14『Black Album 20周年』

http://www.youtube.com/watch?v=dbGXPtgRVig

寒くなりました。
我々の地元も一気に寒くなった感じでして風邪を引いてる方が続出してるようです。
そんな僕も先週は鼻風邪に見舞われて大変でした。皆様も是非お気を付け下さい。

metallica.comでアナウンスされてたようにMETALLICAが来年6月に行われる”Download Festival”
に参加する事が決定しました。どうやらこれ以外にもヨーロッパでのフェスティバルに参加するようで
今現在調整中との事、今後何公演か増えそうな感じです。Download Festivalは来年で10周年を迎えます。
METALLICAにとってDownload Festivalはもう何度も出演してるお馴染みのフェス、そこでMETALLICA
はスペシャルなLIVEを展開してくれそうです。

「Black Album」が発売されて20年が経ちました。
METALLICAにとってこのアルバムは最重要とも言える作品の一つ、このアルバムを発表してからの
彼らの人生は80年代とは全く違う世界を歩んできたと言えます。来年のTOURでは発売20週年を祝し
この作品をフューチャーしたLIVEをするとの事。つまり完全再現するようです。

来年からは本格的に新譜の曲作りをすると思ってた矢先の嬉しい発表、今後も目が離せませんね!

 

 

11/11『Loutallica』

http://www.youtube.com/watch?v=8pXFRgxThkY

本日紹介する映像は2011年11月8日オランダのテレビ番組に出演した際の映像。
現時点におけるMETALLICAメンバー最新映像となります。

Lou Reedと共演したアルバム「LULU」のプロモーション活動で現在ヨーロッパ方面に出向いてる
METALLICAですがその最新映像がこちらとなります。「LULU」に関してはいろんな意見・賛否両論
あるので個人としての意見は割愛させて頂きますが映像を見てる限り今回のアルバムに関しては
あくまでも”プロジェクト”的なモノである事を感じます。METALLICAのメンバーがLou Reedと共演
してる事を心より楽しんでるようにも思える映像だなと。

曲は「LULU」に収録されている『Iced Honey』。
非常にシンプルな楽曲ですがMETALLICAの演奏は非常にパワフルでありタイトだなと。Lou Reedの歌も
こうやってLIVEで聞くと想像以上に力強さを感じますね。Jamesのコーラスとの相性も良くカッコイイ
仕上がりになってるなと。皆様はどう思いますか??

さてmetallica.comでアナウンスがあったように2012年のLIVEが決定しました。
イギリス・ドニントンにて6月に開催される”Download Festival10周年”に出演するようですが
その中身が非常に気になるモノとなってますよ。是非metallica.comをチェックして下さい!!

 

11/9『暴動寸前です。』

http://www.youtube.com/watch?v=PWRJc3Iz4dA&feature=related

本日紹介する映像は1988年7月24日LA・Coliseum公演の映像を。
ステージ上から撮影された映像、非常に見難く音声も厳しいのですが貴重な資料映像です。

この映像はMETALLICAも参加してた”Monster Of Rock USA TOUR”のLA公演の映像なんですが
この日の公演には何と10万人もの観衆が集まった程大盛況、映像にも映っておりますが巨大な
スタジアムのスタンド席上段まで人が詰まってますね。当時大人気だったVAN HALENがこのTOUR
でヘッドライナーを務めたのですがMETALLICAへの反応はVAN HALENを食っちゃう程盛況でした。
この映像を見れば理解できますね。

映像はBANDが『WHIPLASH』を演奏してる途中で何故か電源が落ちてしまい演奏が中断、
その後会場が暴動寸前になる様子を撮らえてます。主催者が危険を察知しての処置だったのか、
それとも機材のトラブルだったのかは分かりませんが曲の途中という事もあり観衆の不満は爆発。
アリーナ前方はかなり危険な状況と化しさすがのMETALLICAのメンバーも唖然、ステージ裏に
逃げ込んでます。

まさに暴動寸前の映像、背筋が凍りますね。

 

 

 

11/7 果たしてわざとか、それとも?

http://www.youtube.com/watch?v=q7w3i103khI

当時結構有名になったシーン。。2009年のマドリード公演での一コマです。
爆撃のSEが流れてオーディエンスは完全に「来た~ONE!」と思っている所にJAMESが奏でたイントロは
な・な・なんとFADE TO BLACK。 観客の皆さんはホントにビックリしたことでしょう。
SETLISTを見ると初っ端の5曲目に演奏されているのですが、さすがにパイロを間違える事はないので
JAMESがジョークで演奏したか、もしくはONEと同じBmのキーのFADE TO BLACKを間違えて弾いてしまったのか。。
真相はわかりませんが、どなたか知っている方いらっしゃいますか? これこそまさにレア映像と言ってよいでしょうね。
http://www.metallica.com/tour/jul-14-2009-madrid.asp

 

 

11/4『SE使用してないです。』

http://www.youtube.com/watch?v=4qbii6cBz-c&feature=related

本日紹介する映像は2004年11月6日Ft.Lauderdale公演の映像から『Dyers Eve』を。
アリーナ・スタンド席、かなり上の方からから撮影されたブートレグ映像です。

音声はLivemetallica音源を同期させております。
この曲が演奏される事は当時まで非常に稀な(というか無かった)事でTOURで演奏された時は観衆は
勿論HPをチェックしてた我々もビックリしたもんです。2004年のTOURではこの曲の他に非常にレアな
曲が沢山演奏されてましたよね。それだけMETALLICAにとってこの時のTOURは非常に重要なTOURの一つ
だったのかなぁ~と思わされます。

映像を見て頂いて分かる通り当時はこの曲の前奏をBANDが演奏しております。
今ではSEが使用され曲に入っていくのが殆どですが元々はこのようにBANDが演奏してたんですよね。
個人的には緊張感があって良いなぁ~と。Larsがクルっとスティックを投げて曲をスタートさせる所
なんてなかなかカッコ良いなぁ~と思いません??

 

11/2『UAE ROCK!!』

http://www.youtube.com/watch?v=ouAoIo7ekQw&feature=channel_video_title

本日紹介する映像は2011年10月25日UAE(アラブ首長国連邦)・Abu Dhabiにて行われたLIVEの映像。
スタンディング会場真正面から撮影された映像、若干見難い面もありますが優秀な映像です。

METALLICAにとって未開の地であったUAEでどんなLIVEが繰り広げられたか、兄貴同様僕も興味深々
だったのですがいろんな動画を見ても分かる通り意外と普通のMETALLICAのLIVE光景(笑)。
この国の方々の印象としては個人的に白装束を着てたり女性は顔隠してたりって思ってたのですが
映像を見る限りそういう姿の方は見られずある意味予想外の光景でしたね(笑)。長年の間待ってた
ファンが多かったかを表すかのようにとにかく盛り上がってます。

野外でのLIVEだったようですがMETALLICAは本当に良い音出しますよね。
全ての音がクリアー、スタッフの仕事ぶりは本当に素晴らしいなと。そしてBANDの演奏も素晴らしく
タイトでHEAVYな音を出してます。曲は『SAD BUT TRUE』、やはりこの曲は盛り上がりますねぇ~。

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.