こちらでは御存知YOUTUBEの動画を貼り付けまして、広島のMETALLICAブートレグ番長・STAFF良平先生に
メンバーの様子・お客さんのテンションなどいろいろ勝手に解説して貰いましょう。 

尚、スタッフ良平に「こちらの動画を解説して下さい」と言われる方、
いらっしゃいましたら是非良平までメールを送って下さい。
ryouhei@metallica-japan.com
もちろん解説して欲しい動画のアドレスもお忘れなく~。

 

 

8/31『JAMESの挑戦』

http://www.youtube.com/watch?v=3yQ2K6yBH5U

本日の映像はこちらのコーナーでは何度も紹介しているオフィシャルDVD「Francais Pour Une Nuit」
の中からTOURではLIVE終盤に演奏される事が多かった『Nothing Else Matters』を。

今年の”BIG 4”ヨーロッパでのツアーで珍しくこの曲は披露されませんでしたが昨年までのツアーでは
この曲は欠かさず演奏されてました。JAMESのヴォーカリストとしての魅力が満載している楽曲の一つ、
初めて演奏されたのは1992年辺りからだと思うのですがそれから約20年の間彼のこの曲に対する姿勢や
歌い方は常に変化してきたような気がしますし今でも挑戦し続けてるような気がします。

昨年の来日公演で披露された際あの大きな会場・さいたまスーパーアリーナがシ~ンと静まり返る程
この曲に誰もが魅了されてましたよね。最後のGuソロになるとそれまで抑えてきた感情を思いっ切り
発散するといった展開はやはりいつ聞いても鳥肌が立つなぁ~と。

 

8/29『最強タッグツアー!!

http://www.youtube.com/watch?v=esb7XwAGc0g

今週は久しぶりにMETALLICAのLIVE(8/31 Moscone Center)が行われますね!!
どんなLIVEになるのか?!今週のMetallica.comは要チェックです!

本日紹介する映像はオフィシャルDVD「Cliff 'Em All」から『Am I Evil? & Damage Inc.』の映像を。
ご存知の通りオフィシャルと言ってもブートレグ映像で構成されたモノです。

このTOURは1986年にozzy osbourneの前座として全米各地を廻った際の映像。
当時のozzyの人気は絶大でしたが前座のMETALLICAのLIVEは好評で公演によっては喰ってしまう程の
盛況ぶり、METALLICAにとって彼らの歴史上非常に意味のあるTOURであった事は間違いありません。
映像を見て頂いても分かる通り曲が終了しステージを去る際の観衆の反応がそれを裏付けてますね。

BIG4のセッションで演奏されてた『Am I Evil』(Diamond HeadのCover)から速い曲への展開はこの
後のTOURでも採用されてましたよね。ここでは『Damage Inc.』が演奏されてますが非常にインパクト
ある構成だなと。今に比べると全体的にリズムが速く粗い印象ですが観衆に与える衝撃を凄まじい
モノだったと思われます。

Cliffが弾く『Damage Inc.』はやはり貴重、素晴らしい演奏と共に彼独特の豪快なヘッドバンキング
は今でも多くの人に影響を与えてます。

 

8/26『無気力なLars・・・』

http://www.youtube.com/watch?v=2hcPw-nK8oo

本日紹介する映像は1999年6月11日ブルガリア・Plovdiv公演の映像より『Fight Fire with Fire』を。
現地テレビ放送からの映像、音声は思いっ切りラインです。

この当時のMETALLICAのLIVEでは昔のスラッシュな曲をあまり演奏しない時代でした。
「LOAD」「ReLOAD」というMETALLICAの歴史の中でも異色なアルバムと作成した後ですからLIVEでも
どちらかというとミドルテンポの曲をメインにといった印象を受けます。2時間のLIVEの中でも速い
曲は多くて2~3曲程度、しかもこの当時は昔と比べ幾分テンポを落とし曲によっては魅力が半減してる
事もしばしば・・・。

この映像を見ても分かる通りLarsのスネアの音殆ど聞こえません(苦笑)。
叩いてる姿を見ても何だか無気力な感じ、98年の来日公演でも速い曲になるとこういった感じでした。
見てると”速い曲は飽きちゃったのかなぁ~”と思ってしまい切なくなってしまいます。このTOURの
目玉だったWOODSTOCK'99では明らかにクオリティーが違うのを見ると非常に複雑な思いを抱いてしまいますね。

 

8/24『今年のサマソニにMETALLICA出現?!』

http://www.youtube.com/watch?v=jSu3SBnQwn0&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=s6LJxkdaIl8&feature=related

本日紹介する映像は2011年8月13日に行われた”Summer Sonic Side Show Stage”に出演した
METALLICAのトリビュートバンド「HATTALLICA」さんのLIVE映像を。

関東近郊にお住まいの方や全国のMETALLICAファンの方はご存知かと思われますが関東方面を中心に
沢山のLIVEを行ってる国内でも有名なトリビュートバンド「HATTALLICA」。ここ数年サマーソニックに
出演してるようでして今年も参加、その時の映像がこちらです。

いやぁ~凄い!凄まじい盛り上がりを見せてますね。
客席の中から撮影されてるのでその盛り上がりの凄まじさを感じる事のできる映像となっております。
日本人だけでなく外人さん達も多数参加しててモッシュ等が起こって少し怖い位ですが冒頭の
『CREEPING~』から大合唱を受けての反応にメンバーさん達も気持ち良さそうに演奏しております。

今年日比谷の野音でも演奏し大きな舞台を数多く経験してる「HATTALLICA」さん。
10月にはワンマンLIVEもあるようですのでお近くにお住まいの方は是非行ってみてはいかがでしょうか?
我々は遠くて行けないので参戦した方からのレポートお待ちしております。

HATTALLICAさん、今後も頑張って下さい。

 

 

8/22『Heavyに再開!!』

http://www.youtube.com/watch?v=mSqNw90x_JY

一週間のお休みを頂き本日より再開です!
皆様お盆休みはいかがお過ごしになったでしょうか?先週の僕は友人のLIVE観に行ったり飲みに行ったり
17日は南国で家族と数日過ごしたりと非常に充実した休暇を過ごしました。9月の頭にLIVEが控えており
昨夜はその練習、良い手応えを感じながら楽しく練習できました。休暇中はMETALLICAの事から少し離れて
ましたが休暇終了と共にパワフルに更新していこうと思います。今後も是非お付き合い下さい!

本日紹介する映像は1994年PA・Mechanicsburg公演よりとってもHeavyな『The God That Failed 』を。
アリーナ席から撮影された素晴らしいブートレグ映像を。

94年の映像はWoodstock等ここでも紹介しておりますがこちらの映像は非常にレアな映像。
当時としては素晴らしい画質・音質で収録されてます。幾分シンプルになっているLarsのDrセットから
出される強力な音が印象的で演奏もとてもHeavyでカッコ良い仕上がりになってますよね。個人的には
Jasonのコーラスがとっても印象的で大好き、この声だけは他の人には真似できないなぁ~と。

NEWS欄でもお伝えした通り12月に行われるMETALLICA30周年イベントの抽選に幸運にも当選しました。
まだ先の事で実感はありませんがLIVEに行ける権利を手にした事は本当にラッキーだなと。
現地やLIVEの様子はこちらで全て報告するつもりですので楽しみにして頂ければと思います。

 

 

8/12『良いお休みを!!

http://www.youtube.com/watch?v=axhhhTNiiHc

さて世間一般の皆様はお盆休みに突入ですかね。
僕のお休みも兄貴同様もう少し先になるのですがこちらのHPの更新は来週一週間程お休みを頂きます。

ここ最近毎日の暑さに影響により熱中症が頻発してるようですね。
暑さ・熱中症の対策を万全にして良いお休みをお過ごし下さい。我々も少しの間ですが家族でちょっと
本州を離れる予定、これまた凄く暑い所へ行く予定なんですがバテないように楽しんでこようと思います。

お休み前に紹介する映像は2003年MTVにて放送された”Video Music Award”でのMETALLICAの演奏シーン。
それまでのMTVに貢献したと思われるアーティストのCOVERをメドレーで演奏してます。METALLICAらしい
センスの良い演奏となってますので是非楽しんで下さい。このメドレーの見所は何と言ってもJAMESの
”ムーンウォーク”ですよね(笑)。少し分かり難いのでよ~く見てみて下さい。演奏と音声に若干の
ズレがありますがご了承下さい。

それとひとつお知らせを。私達兄弟がいつも仲良くして貰っています先輩ベーシストの木本さんという方が
この度はSabel Tigerというバンドでニューアルバムを出されましたので宣伝させて下さい。

METALLICAとは全然関係のないバンドですが、日本を代表とするコンチェルトムーンそしてダブルディーラーと
いうHMバンドでベースを弾かれていました木本さん。そんな凄腕ベーシストですが実は私達がやっていますMETALLICAの
カバーバンドで3年ぐらいベースを弾いて貰っていました。家が近所って事もあり、今でも仲良くさせて頂いています。
気に入ったという方は是非HPのチェックもしてみて下さい。http://www.sabertiger.net/ 頑張れ~木本さん!

それでは良き休日をお過ごし下さいね!
あっ、明日は抽選結果の発表日ですよ~。申し込みした人はmetclubのチェックを忘れないように!

 

8/10『JAMESとROBERTが販売員?!』

http://www.youtube.com/watch?v=6PIO4RKZ5oA

NEWSでもお伝えしてる通り残念ながら『METALLICA30周年LIVE in Fillmore』4DAYS PACの抽選、
我々スタッフは皆揃って外れてしまいました(泣)。本当に残念です。くぅ~(泣)。
しかし!まだ各日毎の抽選もありますのでそちらに期待しましょう。結果は13日に発表となります。
我々が外れたとしてもこのHPを見てる方が一人でも多くの方が当選し是非現地での様子をレポート
して欲しいと思ってます。1公演でも見れたら本当にラッキー、神様お願いします。

本日紹介するのは2008年6月3日Prague公演、METONTOURの映像よりとってもレアな光景を。
何とこの日マーチャンダイスの販売会場にJAMESとROBERTが登場!Tシャツを販売しております(笑)。
前座が演奏中という事もあり観衆の関心はステージに向いてるので当初気付いた人間は数名程度、
本当に少しの時間ですが大変レアで笑える光景ですね(笑)。

曲は『Damage Inc』。非常にタイトで迫力ある演奏をお楽しみ下さい。

 

8/8『アコギなMETALLICA』

http://www.youtube.com/watch?v=beKIHgKsbNU&feature=related

本日紹介するのは1997年MTVにて放送されたMETALLICA特集番組”reload, rehearse & request”より
アルバム「Reload」に収録されてた名バラード『low man's lyric』の映像を。

「Reload」が発売された後にプロモーションの一環としてMTVのテレビ番組に出演したMETALLICA。
番組の冒頭で当時流行っていたアンプラグド形式にて演奏してるのですが最初に演奏されてるのがこの曲。
この後に行われるTOUR(98年来日公演時)にも再現してくれましたよね。METALLICA史上初のアンプラグド
形式として話題を呼びましたが反応は半々だったかと(賛否両論ありって感じですね)。
個人的にはこの曲が好きですからLIVEで聞けて良かったのですが他にアンプラグド形式で演奏された過去の
曲(『The Four Horsemen』や『Motorbreath』等)はイマイチだったかなぁ~と。

番組の中盤より通常・プラグド形式で演奏をしてるのですが1曲その場にいたファンに歌わせるという
大胆なファンサービスも。これはまた後日紹介しましょう。この当時の風貌もまた独特な感じ、JAMESは
短いお休みの間に風貌・体型とも変化しちゃってます。

 

8/5『微妙な演出』

http://www.youtube.com/watch?v=DFMssZCQIIs&feature=channel_video_title

本日紹介するのは1997年2月5日IL・Moline公演のオープニング曲『OVERKILL』を。
ご存知の通りこの曲は大御所BAND・MOTORHEADの代表曲のCOVERです。

ここ最近また90年代のLIVEをよく見てるのですがこの時のTOUR(「LOAD」に伴うTOURです)において
オープニングの際は映像のように客電がつけられたまま演奏を開始してます。前回の映像で紹介した
オフィシャル映像「Cunning Stunts」でも同様の映像が収録されてますが「Cunning Stunts」の映像は
実に上手く編集されており冒頭から盛り上がってるような感じで映像が編集されてます。でも実際の
LIVEではこの映像を見て頂ければ分かる通り客は困惑気味・微妙な反応なんですよね。殆どの客が
”どう反応して良いか分からない”といった状況・雰囲気を感じます(苦笑)。

曲の途中より客電が消えてますがこの際大きな歓声が起こってるのを見るとLIVEにおける照明の演出の
大きさを感じますよね。98年来日時も同じようにLIVEをスタートさせたのですが照明が落ちた時からの
盛り上がりは凄まじかったです。それを考えるとこの演出はユニークではありますが客の立場としては
微妙でしたかね(笑)。

 

8/3『S&M in Berlin』

http://www.youtube.com/watch?v=prL5aF_HMXY&feature=related

本日紹介するのは1999年11月19日ドイツ・ベルリン公演から『Nothing Else Matters』を。
世界でたった3箇所・4公演しか行われなかった”S&M”公演の映像となります。

この年の4月21~22日サンフランシスコにて行われたシンフォニー(交響楽団)との共演の映像は後に
オフィシャル映像「S&M」として発売されたのですが公演の反響は凄まじく追加公演的に1999年11月に
ドイツ・ベルリン(19日)とNY・Madison Square Garden(23日)に公演が行われました。この映像は
ベルリン公演からの貴重な映像、録音されてる音声は全く加工されてない会場そのままの音ですので
多少聞き取り難い面もありますし映像も手ブレがあり見難い面もありますがまぁ~ブートレグなんで。

この時はアリーナ公演という事もあって会場の雰囲気は4月のサンフランシスコ公演とは多少違う感じが
しますが曲が始まると非常に幻想的な感じがしますね。特にこの曲ではBANDの演奏とシンフォニーとの
絡みが上手くマッチしており素晴らしい世界観を出してます。JAMESはこの際ステージ前方ではなく
シンフォニーの輪の中で歌っておりその絵(映像)がまた非常に素晴らしい演出になってるなと。

世界中でこの公演を体験した人間は僅かなだけにこういう映像が残ってる事は本当に有難い事ですよね。

 

8/1『豆電球の中で・・』

http://www.youtube.com/watch?v=vpakMmBe8Hk&feature=related

本日紹介する映像はオフィシャルビデオ「Cunning stunts」の映像の中から『Motorbreath』を。
1997年5月9日TX・Tarrant Co. Conv. Center公演を収録した映像です。

ビデオは結構見た方も多いと思われますがこの曲は作品最後に収録されてます。
公演においても最後の曲だったのですがステージ上はかなりシンプルな状況、ご存知の通りこの前に
例の(笑)演出があった後でしてステージ上は豆電球だけで照らされるという変わった演出が施され
その中で演奏する光景はまるで”スタジオ、及びガレージの中”といった感じ。面白い演出ですよね!

それにしてもメンバーの皆様本当に痩せてます(笑)。今は今で魅力的ですが当時の風貌もカッコ良い!
このビデオは「LOAD」におけるTOURを収録してるのですがこの年に「ReLOAD」が発売されるという事で
当時まだ未発表だった『FUEL』も演奏されビデオに収録されてました。

 

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.