こちらでは御存知YOUTUBEの動画を貼り付けまして、広島のMETALLICAブートレグ番長・STAFF良平先生に
メンバーの様子・お客さんのテンションなどいろいろ勝手に解説して貰いましょう。 

尚、スタッフ良平に「こちらの動画を解説して下さい」と言われる方、
いらっしゃいましたら是非良平までメールを送って下さい。
ryouhei@metallica-japan.com
もちろん解説して欲しい動画のアドレスもお忘れなく~。

 

 

6/29『気が付いたら直前です』

http://www.youtube.com/watch?v=Lt0DKDCA4Wc

暑いですねぇ~!今年の夏も昨年同様の暑さになるのでしょうか?!
ここ広島は本日も汗ダクの一日となりそうです(汗)。。。

で、気が付くとMETALLICA夏のTOUR直前になってました!
今週末7/2ドイツ公演よりいよいよ「BIG 4 TOUR 2011」が始まります。7月はヨーロッパ各地を2週間で7公演
を開催する予定、今回もかなり緩いペースでの公演となる為BANDとしては準備万端・元気な姿を見せてくれる
事でしょう。4月の公演から少し間が空いてますので演奏に少し不安があるかと思いますが(特にDrの方:笑)
どんなLIVEを披露してくれるのか、本当に楽しみです。

恐らく4月の公演のセットリストが基本になるとは思いますが意外な曲が演奏されるかも・・?
ヨーロッパは毎年行ってますから現地の方もやはりサプライズが欲しいでしょうね。で、LIVEの最後を締める
のは勿論この曲。これに関しては間違いなく決定的です(笑)。

 

6/27 他のバンドには出せない

http://www.youtube.com/watch?v=GSqL9qpMvqE

本日の映像は1997年のハンブルグでの演奏。METALLICAナンバーで1,2を争うHEAVYソング
「THE THING THAT SHOULD NOT BE」。
LOADとRELOADの間になるのでしょうか。。なんと言っても4人がスマートでカッコ良い!
今ももちろんカッコ良いですが、この時は14年前30代中盤で色気が凄い。
トラブルもあってかギターの音がかなり薄めですが、男の色気で雰囲気を作っている感じが凄くします。
いや~4人とも存在感抜群でカッコ良い。 やはりこの辺が他のバンドと一線を期す部分ではないでしょうか。

JAMESが着ていますMETCLUB限定発売の「MADE IN LA」長袖Tシャツは今現在もファンクラブ会員のみ販売中です。

 

6/24 『持ち味出さず(笑)』

http://www.youtube.com/watch?v=9heUbtm8sIk

本日紹介する映像は2004年6月6日イギリス・ドニントンにて行われた「DOWNLOAD フェスティバル」の映像を。
以前もこのコーナーで紹介したのですがこの日はLars不在、代わりのDrとしてDave Lombardo(Slayer),
Joey Jordison(Slipknot) ,そしてローディーのFlemming Larsenが参加しました。

ご存知の方も多いかと思われますがこの時のLIVEの殆どの曲をJoeyが叩いてます(←11曲中8曲を演奏)。
Joeyというプレーヤーは非常に手数・足数が多く速いプレイが持ち味のDrですがこの曲を演奏してる際は持ち味を
出さない・曲を崩さない演奏に徹してる様子が伺えますね。以前紹介した『CREEPING DEATH』を演奏してる際は
本来の持ち味を出した物凄い演奏をしてくれてますので是非そちらもチェックして比較してみて下さい。

短時間でここまで仕上げるJoeyの対応力には本当に驚かされますね。
彼のBAND”SLIPKNOT”は現在ヨーロッパをTOUR中です。

 

6/22 『たまには・・(号汗)』

http://www.youtube.com/watch?v=aPuYqL2NB1U

本日は映像を紹介する前に個人的な話を。

昨日このHPのお仕事をすべく昔購入したCDを聞いてたら突然聞けなくなり・・しばし唖然。
そのCDはCD-Rではなくいわゆる”プレス盤”、再度CDドライブに入れ直し再生したのですがやはり途中でダウン。
ここ最近は聞いてなかったのですがその昔はよく聞いてたタイトルだっただけにかなりショックを受けまして・・
とりあえず中のデータをPCに移そうと作業に取り掛かりましたがなかなか上手くいかず(号汗)。焦りました。

が、少し落ち着いてCDの裏面を見ると傷は無いものの多少の汚れがあったので除去、そしたら読み込み成功。
我ながら相当焦ってた事を後に気付きました(苦笑)。

皆様もこういった経験ないですか?
CDって聞いてなくてもこういうトラブルはよくあるようです。たまには手入れも必要ですね(笑)。

”たまには・・”繋がりでたまにはMETALLICAのPVを紹介しましょう(←無理やりでスイマセン)!
アルバム「ReLoad」の1stシングルとなった『The Memory Remains』のPVです。個人的にはシングル向きの曲とは
思えないのですがPV自体はカッコ良く仕上がっており見入ってしまいますね。この曲で登場する・コーラスを
してるのがマリアンヌ・フェイスフルという女優さんでミックジャガーの元恋人として有名のようです。

 

6/20 『疲れた体に・・(笑)』

http://www.youtube.com/watch?v=fEd13ObYL7g

本日紹介する映像はオフィシャルDVD「Francais Pour Une Nuit」の映像より『FUEL』を。
2009年7月7日フランス・Nimes公演を撮影したお馴染みの映像です。

個人的な話ですが週末仕事で少々お疲れ気味でして・・(汗)。
今日も通常勤務で少しダラけた体に刺激を与えるべくこの曲を選びました(笑)。LIVEにおいてもハイライトの
一つと言える程人気の高い曲、この映像を見ると本当にテンションが上がります。ここ日本でも大人気の曲で
昨年の来日公演でこの曲が演奏された時の会場はまさに”カオス状態”でしたね。

この時のBANDの演奏は本当に素晴らしいです。
特にLarsの演奏は見事の一言、過去収録された映像の中でも個人的にはBESTだなと思ってます。
今週は始まったばかり、この映像見てテンション上げていきましょう!!

 

6/17 超HEAVY

http://www.youtube.com/watch?v=4AjScYSuGJ4

今から20年前のDay On the Greenでの演奏。こちらはドキュメントビデオの2本目からの
映像ですかね。ブラックアルバムが出た翌年はもう凄い勢いでツアーを周っていた彼ら。
20年前ですからJAMES28才の時ですよ。若っ~~。

ブラックアルバムが出た時、一番違和感を覚えたのがこの曲「SAD BUT TRUE」でした。
理由は簡単。あまりにもシンプルだったから。日本人なので音と曲を先に聴いて
歌詞は意味が分からず聴くんですけど、この映像とか見てアメリカ人はHEAVYな曲調が
ホント好きだな~なんて思ったものです。歌詞がとても深くて重い事も知らず。。
今でも大人気なこの曲は90年代のミュージックシーンを代表とする1曲となりました。

 

 

6/15 『評判とは裏腹に・・』

http://www.youtube.com/watch?v=dE_o586Yh9c&feature=channel_video_title

本日紹介する映像は1997年2月5日IL・Moline公演の映像より『Ain't My Bitch』を。
これまた会場スタンド席からの・2台のカメラを使用した素晴らしいブートレグ映像です。

この曲は「LOAD」の冒頭を飾る曲でしたがツアーで披露されたのは前年から始まったこのツアーのみ、
この年の夏・TOURの最後”Reading Festival”で演奏されたのが最後となりました。ご存知の通り
ここ日本で翌年行われたツアーで演奏される事はなく日本でこの曲が演奏された事は一度もありません。
「LOAD」「ReLOAD」に関しては賛否両論あったのですがツアー自体は非常に好評でしてこの曲への反応も
映像を見て頂いて分かる通り評判とは裏腹に観衆には受け入れられてる感じがします。

それにしてもメンバー痩せてますね(笑)。
映像自体がJAMESを追っかけてる感じなんで余計にそう思ってしまうのですが翌年の画像と比べても
非常にシャープな印象を持ってしまいます。この1年で何があったんでしょうね(笑)。映像の最後、
汗がしたたり落ちながら演奏してるJASON姿が非常に印象的です。

 

 

6/13 『グダグダMETALLICA』

http://www.youtube.com/watch?v=xh35BQEbByU

本日紹介する映像は2004年8月25日全米TOURにおけるIN・Veteran's Memorial ColiseumでのLIVE映像。
METONTOUR映像より。

曲はアルバム「St.Anger」収録の『Some Kind Of Monster』。
この曲がLIVEで演奏されたのはこの時期のみ・2~3回程度しか披露されませんでした。理由は映像・演奏を見て
頂くとご理解頂けると思いますがMETALLICAの演奏では考えられない位クオリティーの低い・グダグダな演奏
だから(苦笑)。この曲自体は非常に長い曲(約8分)なんですがLIVEで披露するには長過ぎると考え事前の
リハの段階で短くアレンジする事をしました。が、これが裏目に(泣)。メンバー自体が進行を覚えておらず
どこを演奏してるのか迷ってしまうという失態。結局この後のLIVEでは1回演奏されたのですがそれでも状況は
上手くいかずお蔵入りとなりました。

映像は曲の途中で終了してますが何故か?!この後の演奏はそれはそれはかなり”イマイチなMETALLICA”に
なってるからと想像します。これだけ長い曲を短い期間でアレンジしLIVEで披露するというのはやはり無理が
あるという事ですね。

 

6/10 『今や名曲です』

http://www.youtube.com/watch?v=ccFP1W8yZH0

本日紹介する映像は1992年4月20日UK・ウェンブリースタジアムにて行われた”Freddie Mercury Tribute”
LIVEでの映像から『Nothing Else Matters』を。2本組で発売されたオフィシャルビデオからの映像です。

以前にも紹介した通りこのイベントでMETALLICAはトップバッターを務めました。
この時は3曲(”SANDMAN””SAD BUT TRUE”とこの曲)を演奏したのですが出番最後の曲としてこの曲が演奏
されました。確かこの時シングルとして発売されてたような記憶もありますが定かではありません。

今やMETALLICAのLIVEで欠かす事ができない名曲になったこの曲。
ここ最近は若干アレンジしてJAMESの歌をフューチャーした形となってますがこの映像ではアルバムに収録された
通り忠実に演奏された形となってます。JAMESの歌い方が今と少し違って”若い”感じがしますね。

ご存知の通りこの曲のGu.SoloはJAMESが担当、ここを聞くといつも鳥肌が立っちゃいます。

 

6/8 『どれがメンバー?!』

http://www.youtube.com/watch?v=vDX2y42YNDk&feature=related

本日紹介する映像は1987年8月20日イギリス・LONDONの”100 Club”という小さなライブハウスでのLIVEから
本編最後に演奏された『BATTERY』の映像を。恐らく箱設置の固定カメラからの撮影かなと。

見て頂いて分かる通り物凄~く小さな箱です。
このLIVEですがこの日から始まるヨーロッパツアーと翌々日に控えたDonington Parkでの”Monsters of Rock”
のウォームアップLIVEとして企画されたLIVE。1987年2月以来半年ぶりのLIVEという事もあり企画されたようですが
会場の狭さには本当驚きますね(苦笑)。この当時においてヨーロッパでのMETALLICAの人気はかなりモノでして
この会場に入れたファンはラッキーだったと言えるでしょう。

で、映像を見るとステージ上の人の多さに唖然(汗)。
照明もかなり暗いので当初誰がメンバーかも分からない程セキュリティーの人間がステージ上にいますね(笑)。
ファンをステージに上げないようにと必死なのも分かるのですがこれだと誰のLIVEかよく分かりません(笑)。
メンバー的には過去こういう箱で演奏してたので意外と冷静に演奏してる印象、流石ですよね。

にしても過酷な環境だなと(汗)。
こういう映像が現存してる事自体に驚愕、JAMESのショートパンツ姿はレアですよ~。

 

6/6 『この日の思い出』

http://www.youtube.com/watch?v=odPNQlEHF6A

本日紹介する映像は2008年9月12日ドイツ・Berlin,O2 World Arenaにて行われた「Death Magnetic」リリース
に伴う無料LIVEの映像より当日演奏された『Of Wolf And Man』の映像を。

これ凄いでしょ?!
このコーナーで過去沢山の素晴らしいブートレグ映像を紹介してきましたがこの映像はその中でも1~2位を
争うようなクオリティーの高さです。画質・音質共にランクA・最高の映像です。演奏もめっちゃHEAVYです!
いやぁ~本当何使ったらこんな映像撮れるんでしょうね(笑)。

この日の公演はご存知「Death Magnetic」がリリースされた日。
約2年半経ちましたが未だにこの日の事は忘れられませんね。朝10時前に予約した某ショップに行き店が開くのを
待つ間の時間、ほんの数分でしたが本当に長く感じました(笑)。アルバムを購入し聞いた時のあの感動はつい
この間のような事に思えますね。皆様の”あの時”どのようにお過ごしになったんでしょう?

次のアルバムがいつになるのか分かりませんがその時も同じような感じになるんでしょうね(笑)。

 

6/3 『5年前のリハ映像です』

http://www.youtube.com/watch?v=5_QOvWt3LPU&feature=related

本日紹介する映像は2006年6月1日ドイツ・back Nurburgring、2日後に行われる「Rock Am Ring Festival」
のリハーサル時の映像です。METONTOURの映像より。

リハーサル、しかもステージ上の撮影というのはまさに関係者だからできる”離れ業”ですよね。
しかもそれをネット上にて配信するというのは他のバンドではなかなか見られないファンサービスの一環かと。
”ステージ上の音がどんな音なのか”とか”METALLICAはどんなリハしてるのか?”と疑問に思う皆様、
特にバンドをやってる方にとって大変参考になる映像ですよね。

僕個人としてはやはりLarsの音に注目してしまいますが他にもJAMESのクリーン音は素晴らしいとかKIRKが
やたらとお洒落だなとかヨーロッパのこの時期は相当寒いらしいなとかいろいろ思ってしまいますね(笑)。

丁度5年前の今日の映像です。
この2日後の公演で初めて「Master of Puppets」アルバム完全再現が行われました。

 

6/1 やはりコレは3曲目かな?

http://www.youtube.com/watch?v=TLnZh2N5XaE&feature=feedf

DVDにもなって発売されています2009年のメキシコ公演での「Holier Than Thou」です。
スタジオ盤に比べ少しスピードが速くて流れ気味なプレイですが、イントロの所はオリジナルみたいに
なかなかタイトに出来ないですね。ギターのリフもドラムのスネアも。。
1990年のブラックアルバム発売時にプロデューサーのボブロックがこの曲を1曲目にと
言ってた曲ですが、LARSは絶対SANDMANと。。。その辺の勘はやはりLARSの凄み!?
もし「Holier Than Thou」が一曲目だったら1500万枚も売り上げる事はなかったでしょう。

この曲、7月のイベントで演奏するので目下歌詞を暗記中。いや~この年になって英詩を丸暗記は
結構苦しいっす。まぁやりますけどね。。ギターの音は歪みをやや下げ気味・しっかりハーフミュートにしないと
イントロの所で流れて聞こえてしまします。。  って事で本日良平お休みなのでウエテツでした。

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.