こちらでは御存知YOUTUBEの動画を貼り付けまして、広島のMETALLICAブートレグ番長・STAFF良平先生に
メンバーの様子・お客さんのテンションなどいろいろ勝手に解説して貰いましょう。 

尚、スタッフ良平に「こちらの動画を解説して下さい」と言われる方、
いらっしゃいましたら是非良平までメールを送って下さい。
ryouhei@metallica-japan.com
もちろん解説して欲しい動画のアドレスもお忘れなく~。

 

5/30 『冬の野外?!』

http://www.youtube.com/watch?v=MkGCXPLO08o&feature=related

本日紹介する映像は2004年1月23日オーストラリア・Sydneyにて行われた「Big Day Out」フェスティヴァル
に参加した時の映像。現地テレビ放送分。

1月の野外フェスティバルというのは日本では考えられませんが季節が真逆のオーストラリアはまさに”夏”。
「BIG DAY OUT」というフェスティバルは日本でいう「SUMMER SONIC」のような感じなんでしょうか。
この時のTOURは2003年からここ日本から始まったWORLD TOURの一環、映像を見ると2003年の来日公演の事が
頭に思い浮かびますね。

曲は『Frantic』。
この当時では一番新しい曲だけあってメンバーも熱を帯びた演奏を見せてくれてます。曲の冒頭の煽り方は
以後のTOURでも使用されてましたね。またJASONが脱退した後なのでKirkがコーラスを担当したのも話題に
なりました。この曲(というか”St.Anger”全曲)に関してはギターソロが無いので今となっては違和感を
感じますが僕自身当時はあまり気にしてなかったですね。

アルバムよりもLIVEの方が数倍良いと感じる曲だなと思います。


5/27 Go!!!Raiders!!!

http://www.youtube.com/watch?v=ixqCpF-xvqY

METALLICAのコレクターズアイテム「FANCAN V」に入っていますDVDに収録された野外無料ライブの
模様です。2003年の1月にアメフトのオークランドレイダースがスーパーボールに出場。
年に一度の全米のビッグイベントの駐車場に現れたメタリカはトレイラーにて演奏。全6曲を演奏しています。
ベースはJASONが抜けてROBELTが入る前なのでプロデューサーのBOB ROCKが努めています。
さすがに駐車場でのモッシュは危険ですね。大男達が昼間からガンガンぶつかり合って超危ない。
音もいつものライブと違ってかなり荒めで割れております。JAMESもLARSもかなりテンション高い!

 

5/25 『発見!』

http://www.youtube.com/watch?v=NrXjRrkcU2g

本日紹介する映像は2010年9月26日埼玉スーパーアリーナ公演におけるスタンド席からのブート映像を。
1989年来日公演以来久しぶりにフルで演奏された『...And Justice for All』です。

先日ふと昨年の来日公演の事を思い出し動画サイトを見てた際見つけたこの映像。
非常に素晴らしい画像・音で収録された素晴らしい映像です。このコーナーを見て頂いてる多くの方が
昨年の来日公演を体験した方も多いと思われますがこの曲が演奏された際は本当に驚くと共に興奮した
でしょう。イントロが流れた瞬間の会場のどよめきがそれを表してますよね。

非常に臨場感のある音で収録されてるので現場の雰囲気を感じる事ができます。
改めて聞いてもMETALLICAが出す音は素晴らしいですね!

 

5/23 『READING出演』

http://www.youtube.com/watch?v=AWwmIfy0GNE

本日紹介する映像は1997年8月24日イギリスの有名なフェスティバル”Reading Festival”に出演した際の映像。
とても有名な映像、恐らく皆様も一回は見た事あるかと思います。

90年代はHR/HM界は不遇の時代。
80年代でのこのフェスティバルのラインナップはHR/HM勢で固められた事も多かったのですが90年代になると
状況が一変、それまでの色とは全く違う出演者・内容となりました。そんな中この年METALLICAの参加が決定、
結構話題となったのですがこれがその時の映像です。今では当たり前のようにフェスに参加してるMETALLICA
ですがこの当時としては珍しい事でした。

この映像は某BS・衛星放送にて放送されたモノ。
この当時・90年代のMETALLICAの演奏の素晴らしさを感じて頂けると思います。JAMESが痩せてるのとKirkの髪の
短さにビックリですが(笑)演奏は完璧、ライティング効果もあって非常にドラマティックに演出されてます。

 

5/20 『逆に見難いです』

http://www.youtube.com/watch?v=z2CajAg9TDc

本日紹介する映像はオフィシャル映像”Live Shit: Binge & Purge”の映像より『WHIPLASH』を。
1992年「Wherever I May Roam tour」におけるSan Diego・Sports Arena公演を撮影した映像です。

BOX SET ”Live Shit: Binge & Purge”は当時3本のVHSビデオと3枚組CDという当時としては異例とも
いえるボリュームで発売されたBOXセット。価格は確か¥15000だったかなと。我々兄弟して一人一個買う位
発売を楽しみにしてました(笑)。で、とにかく見まくり・聞きまくりましたね。映像に関しては1992年の
映像よりも同封されてた1989年シアトル公演の映像ばかり見てた気がします。

何故か?

それは単純に1989年の方が見易かったから。この映像を見て頂くとご理解頂けると思いますが1992年の映像は
とにかく映像編集に凝り過ぎ・カット割が多すぎて”逆に見難い”です(苦笑)。反面1989年の方はシンプル
な編集でしたので見易かったかなと。今この映像を見ても”PV??”と思える程、こういう映像がが約3時間
もあると思うと・・・やり過ぎでしょ!って言いたくなりますよね(汗)。

 

5/18 『知ってます?』

http://www.youtube.com/watch?v=lBMACQVN9f4&feature=related

本日紹介する映像はオフィシャルDVD”Orgullo, Pasion y Gloria”よりDisk2に収録されてた
『Trapped Under Ice』を。2009年6月4~7日Mexico・Foro Solにおける3公演を撮影した映像です。

前回のTOURでたま~に演奏されてたこの曲、結構知らない人も多いかと思われます。
2nd「Ride the Lightning」の5曲目に収録されてる曲なんですがTOURでお披露目される事は非常に稀でして
僕の記憶では2004年の全米TOURに演奏されたのが本当に久しぶり、それまでのTOURでは殆ど演奏される事が
なかった曲でした。

知ってる方も・・・いらっしゃいますかね?
実はこの曲昨年の来日公演2日目9/26の公演のセットリストに入ってたようです。実際に演奏されたのは
『Motorbreath』だったのですがこれは直前にLarsが変更したとの噂、日本人には馴染みの少ない曲だけに
この選択は妥当だったかと思われますがこの話を聞いて残念に思う方もいらっしゃると思います。

もし演奏されてたら勿論来日史上初だっただけにレアだったかもしれませんね。

 

5/16 『復活の時』

http://www.youtube.com/watch?v=eiL8SxTXnrs

本日紹介する映像は2003年7月27日Minneapolis・Metrodome公演の映像よりオープニング曲『Battery』を。
会場スタンド席からの素晴らしいブートレグ映像です。

この時のTOURは”Summer Sanitarium Tour 2003”、BANDにとっては本当に久しぶりの全米TOURでして
Limp BizkitやLinkin Parkという当時人気があったBANDを起用し話題になり各地で大盛況となりました。
当時Limp BizkitのVo.Fred Durstが嫌われてた事もあり一部の公演では騒動になった事もあったようですが
TOURとしては大成功、METALLICAの復活は各地で歓迎されました。

この曲からLIVEをスタートさせるのを考えるとBANDにとってこの時のTOURは”初心に戻る”事を表してたように
思えます。新メンバーとなったROBERTにとっての初のTOURでもありましたしね。ブートレグで発売されたこの
映像を僕も持ってますが初めて見た時はかなり興奮して見た記憶がありますね。最高のオープニングです!!


5/13 『懐かしのダブルネック』

http://www.youtube.com/watch?v=nZr_cEVBwRs&feature=related

本日紹介する映像は1993年5月4日チリ・Santiago公演から至宝の名曲『Fade to Black』を。
現地テレビ放送の映像です。

このTOURでこの曲は毎公演演奏されてましたがJAMESはこの曲でダブルネックギターを使用してました。
クリーンの部分は上を、歪みの部分は下のギターと使い分けて使用しておりました。当時の僕としては
この”エクスプローラーのダブルネック”にかなりインパクトを受けた覚えがあります。ここ最近では
めっきり使用される事が無くなり個人的には残念、やっぱ見た目はかなりカッコイイなぁ~と。

”BLACK ALBUM”のTOURとしては終盤の映像。
長期TOURの疲労の影響もありJAMESの歌に少し力の無さを感じますね。また演奏も若干粗い面がありBAND
としても満身創痍な雰囲気を感じます。2年間続いたTOURですからね。さすがに疲れますよね(汗)。

 

5/11 『この時初披露です』

http://www.youtube.com/watch?v=dU-lnF22tXI&feature=related

本日紹介する映像は1991年10月29日全米TOUR・Peoria公演からの映像。
”BLACK ALBUM”に収録されてる『Holier Than Thou』、LIVEで初めて披露された際の映像です。

この曲は昨年までのTOURでもちょくちょく演奏されてましたが2004年の全米TOURまでは殆ど演奏される事が
なくこの当時・1991~93年におけるTOURでも演奏される事は少なかったのでこの映像はレアです。
TOUR序盤に数公演のみ演奏されたのですがその後は殆ど演奏されなくなってしまいお蔵入り、2004年の全米
TOURで演奏され始めた際は僕自身ビックリしたもんです。

今とはキーが違いますので新鮮味を感じますし”張り”のある演奏に思えますね。
ブートレグでの映像ですので参考程度ですが今にはない”荒々しさ”のあるMETALLICAが感じられます。

*NEWS欄でもお伝えしてる通りリニューアルに伴いスタッフとして手伝ってくれる方を募集しております。
本当に気楽・気軽に考えて頂いて結構、我々と一緒にこのHPを盛り上げて頂ければと願っております。

 

5/9 『CDにも収録されてました』

http://www.youtube.com/watch?v=YBJuFSI3_9s&feature=related

皆様、良い連休お過ごしになりましたか?

連休明け一発目に紹介する映像は1999年7月24日NYにて行われた「WOODSTOCK'99」より『CREEPING DEATH』。
WOODSTOCKの映像は数多く投稿されてますがこちらはかなりの高画質・高音質です。

この時のイベントの開催を記念して後日各出演者の演奏を1曲ずつ収録したCDも後に発売されたのですが
METALLICAはこの曲が収録されてましたね。個人的に思ったのは映像で見るよりも音で聞いた方がかなり
エッジの効いた感じがして非常にカッコ良い演奏となってたなと。この当時のMETALLICAの音は今よりも
機械的で正確、いわば”完璧な演奏”をしてたなと思います。まだCD聞いた事が無い人は他のBANDの演奏
も沢山収録されてますので是非!

連休明けでダル~いと思いますが是非この映像・音を聞いて眠気を覚まして下さい(笑)。

 

5/6 『機材に関して』

http://www.youtube.com/watch?v=Y5VArDTwPCw&feature=related

皆様GW・連休を楽しんでますか??
今年長い方は10連休とか。長い方も短い方も是非リフレッシュして欲しいなと思います。
因みに僕は今日は仕事で昨日と明日が休み、昨日は仲間達とBBQを楽しみリフレッシュしました。

本日紹介する映像は2009年3月5日ベルギー・Antwerp公演の映像より『The Day That Never Comes』
の素晴らしいブートレグ映像。今まで沢山のブートレグ映像を紹介しておりますがこの映像も本当に
素晴らしい映像・音声で記録されてます。一体どんな機材を使用してるのか、本当に気になります。

僕の周辺の友人は結構これ系の機材好きが多くそれぞれがいろんな機材を持ってまして機材話に華が
咲くって事がありますがここ最近の機材の進化には本当に驚かされますね。先日友人の一人が新たな
機材を購入したとの事で見せて頂いたのですが小さくて軽い割に機材の性能が素晴らしくて正直
欲しくなりました(笑)。以前は少々高値だったのですが今はかなりリーズナブルになってまして
お求め易くなってますしね。

とはいってもここ日本は海外とは違い自由に録画できる状況ではないのですが・・(汗)。
こんな映像が撮れたら一生の思い出となりますよねぇ~(羨)。

 

5/2 『NY上陸だぁ~!』

http://www.youtube.com/watch?v=a4EG59OxFwc

『THE BIG 4 in USA』再び!NY・Yankee Stadiumでの公演が9月に決定しました。
1回だけというのは疑問という話は以前しましたがYankee Stadiumでの公演とは予想外でした。

いろんなBANDの人間がインタビュー等で答えてますがここ最近アメリカでツアーをするのはBAND側に
とって結構リスクが高いとの事、やりたいのは山々だけど赤字が出る可能性がありそれならやらない
という判断をしてるBANDが多いようです。なかなか大変な時代ですからね。『BIG 4』のような世紀の
イベントであってもなかなか難しい面が多いのかもしれません。

が、やはり1回だけというのは惜しいと判断したのでしょう。
映像はこの間の公演・METONTOURからの映像ですが約50000人もの観衆を集め盛り上がった様子が伺え
ます。そしてやはり4バンド合同のセッションは豪華そのもの、7月以降の公演では少し違った曲を
演奏して欲しい・もう少し長く演奏して欲しいと願うばかりですがこれを見たいという人は本国にも
沢山いるはずです。できればここ日本でも・・・。

2008年にNY・Yankee Stadiumに足を運んだのですがその時はまだ建設中、以前のYankee Stadiumよりも
かなり大きくなっており恐らく今回同様4~50000人規模の人が集まるでしょうね。東海岸ですから
日本からだとかなり遠い場所ですがNY・ダウンタウン方面からだと地下鉄を利用して駅からすぐの場所
なんで便利といえば便利(笑)。駅近辺は当日METAL色に染まる事でしょう。

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.