こちらではMETALLICA.COMやMETCLUBの情報などを元に独自目線ニュースを
お伝えして行こうと思っております。

そして、待望のMETALLICA.COMのNEWS日本語訳のページは


こちらも徐々に更新予定!(ザックの情熱しだいですが・・・期待しましょう)

 

10/10 本日&明日はNEWSお休み~。

videoが多数更新されていますのでチェックしてみて下さい。
さて町内運動会に参加して来ます~~~~。

  

10/9 METALLICA.COM VIDEOが某大です。
今日もメンバーの方、新しく入って貰えて嬉しいです。少しメンバーズオンリーの更新が進んでいませんが
スタッフ良平に少し頼んでおりますので・・・期待せずしばしお待ち下さい。
今日は何について書こうかな? ここの所、何人の方からかメール頂いてこちらのサイトを褒めて貰って
嬉しく思っています。さすがに来日公演が終了しましたので、熱が大分冷めました(笑)私達も皆さんも。。
でもちょっとの情報でもあれば欲しいですよね。みんなMETALLICA大好きですからね。もちろん私もです。
一番安心して見れるのはやはりMETCLUBとMETALLICA.COM。今日少し見ててこんなページもあるんだ~と
思うページがあったので紹介しましょう。御存知の方も当然居ると思います。知ってるよって方は流して下さい。

http://www.metallica.com/Media/Video/misc.asp

かなりの量の動画が見れます! いわゆるプロモーションVIDEOからMETONTOURの動画。
そして数々のインタビュー。演奏もその他色々なメンバーの部分もありますね。全部見るにはかなりの時間が
掛かりそうですけど。こう思うと今からでも英語をしっかり習おうかな? だって自分の好きな人が
なんて言ってるか分からないと悔し過ぎますよね? ホントに悔しい~~~~~。

次回ライブ見に行った時M&G当選する事を前提に英会話を習いに行こうかな。。。

 

10/8 FANCAN6 & メンバーズオンリーPHOTO
FANCAN6の全貌が明らかに。既にMETCLUB.COM日本語訳にて公開していますが、ジャケや付録、Tシャツの
全貌が公開されています。以前言われていました通り、DVDは通常盤とBLUERAYの2種類で7500セット限定。
コレどうしても欲しいな~。大好きなコペンハーゲンの公演はYOUTUBEにも沢山高画質のものがあがっています。
一度この辺の動画もまとめてメンバーズオンリーに上げましょう。

そして本日ジャポカリメンバーNo.10 mayu さんより9/25のMEET & GREETの写真が届きましたので
メンバーズオンリーPHOTOに公開させて頂きました。なかなかイイ写真ばかりでKIRKやJAMESの
ドアップの写真もあります。ファン必見!

今後もM&Gや9/26のライブPHOTOをメンバーズオンリーにて載せる予定です。
日本語訳も更新されていますのでチェック~~。

 

10/7 とうとう発売!JAMESシグネイチャーピック
今日スタッフザックが日本語訳を更新してくれています。もちろんFANCANの事もね。
そして私完全に見落としてて知らなかったのですが、METALLICA.COMのメールマガジンに
JAMESのシグネイチャーピックのネタが書いてあったそうでその事も訳してくれています。

いや~実はかなり気になっていたのですが、DEATH MAGNETICの発売後のYOUNG GUITARの
JAMESのインタビューで「新しいピックを使い始めてコレがかなり良い!」って書いてありました。
「何~~~、知りたい~~~」と思っていまして約2年やっとその正体が判明!まずはシグネイチャーの写真を。

 

以前から使っていたJIM DUNLOPというメーカーのもので(METALLICA関係全てのものがDUNLOP製です。KIRKは
シグネイチャーワウも発売しております。詳しくはこちら。ちなみに昔ESPも作っていましたが、
本人たちはきっと使っていなかったと思います)、きっと20年以上TORTEXの0.88を使っていました。コレ

しかし今回使い始めたのはULTEX SHARPというピックです。先がかなりシャープで弾き易そう。
1枚1枚の単体売りはしないのかな? ピック6枚入りのコレクターズ缶(1.14mm)と、
ピック108枚入りのデラックスボックス(.73mm,.94mm,.1.14mmの各36枚入り)の、2種類の違うパッケージで売られます。
いや~コレはギタリストの方、試したいですね! デザインはきっとJAMESが書いたのかな?こういうの書くの好きそうだし。。
どちらにしてもMETALLICAファンであれば、ギター弾かなくても持っておきたいアイテムです。


 

10/6 ライブレポート届きました。
本日はスタッフザックから9/26のレポート

そしてNo.21 gengen さんからさいたまの両日のレポート
が届いております。是非、読んでみて下さい。

私もそろそろ書かなくちゃ。基本的には今までもそうなんですけど、曲の事よりもその日の日記?というか
気付いた事を書こうと思います。時間作らなければ。。。人に書いて貰ってばかりでスミマセン。。
よっし~明日から書こう。って事で今日はお二人のレポートを楽しんで下さい。
これから少し飲みに行って来ます~~~では。

ps・・・今日のビデオに出て来たJAMESの代りにギターを弾いたJohn Marshallは
METAL CHURCHってバンドのギタリストです。御存知だと思いますが。。。

 

10/5 今回のアリーナスタンディング前方の感想。
メンバーの方、少し増えましたね。有難う御座います。少しずつでも自分と同じMETALLICAが好きな方が
集まってくれて嬉しく思っています。画像待ちの方が少し増えましたのでお待ちしていますね。

今日は今回のスタンディングのライブで感じた事、気付いた事を少し書きましょう。
自分は今回の2回のライブ両日ともA-1ブロックで見たのですが、ハッキリ分かった事が何点かありました。
まず、ブロック内側はとにかく激しく危険。当然の事なのですが1日目私はセンターの通路から3~4列、前から2列目で
ずっと見ました。きっとセンターの通路から1.5mぐらいしかない所だったと思います。それでもドンドン内っ側に
人の波が寄って来て大変な思いをしました。もう行き止まりなのに関係なく押され続けます。
私は体が大きく運良く最後まで突き飛ばされる事はありませんでしたが、
私が見える範囲の最前列及び2列目の女性は殆ど押しどけられてしまったのでは・・・と思います。
(唯一私の目の前に居た女性の方は最後まで最前列に居てラーズからスティック貰っていました)それぐらい強力な圧力でした。

しかし、2日目見た場所はロブの前のマイクよりも少し外側で見ました。単純に入った時そこより外側しか最前列が開空いてなかった
のですが、大正解でした。前日の圧力が嘘のように全く動かされる事もなく、快適に見る事が出来ました。
隣に居らっしゃった女性も殆どはじかれる事もなく5~6人並んで見られていたと思います。ちなみに私の後ろは
女性が3人ぐらい並んでいました。無事でした。 その場所から内側を見ると地獄のような状態になっていました。
「恐ろしい。昨日あんな所に居たのか」って思いましたね。そしてヴォーカルのJAMESは思いの他、センターでは歌わないんですね。
結構サイドのマイクで歌う癖?があります。 なので次回スタンディングで快適に観たいなと思われる方は
絶対真ん中は狙わずに外寄りがオススメです。特に私達の様なアラフォーの皆さんでも十分前付近でシンドイ思いをせず
スタンドより近い場所で見れます。まぁもちろん椅子は無いんですけど。。。

そしてさいたまスーパーアリーナのスタンディングであれば整理番号100番ぐらいまでなら最前列が狙えますね。
300番以内なら2~3列目も十分。団体であればチームワークがものを言います。もちろん外寄りの方が競争率も低いので、これまたオススメ。
あとライブが始まるまで休憩で座っておくのはホントに良かったです。座っていたお陰で時間も早く過ぎたし場所も
しっかり確保。今回の様な長丁場は絶対です。そして最前列のフェンス対策のバスタオル、これも絶対必要!

  
ポジションはだいたいこの辺でした。      柵の上にバスタオルを敷いていた為、傷なし。

  
結構斜めに感じるかも知れませんが、とにかく良く見えましたし音も良かった。そして一度もクラウドサーフィンで
人が降ってくる事はありませんでした。コレが一番不快ですからね。昔はよくやってたけど。。。今は勘弁。。
場所に着いてすぐ座ったお陰で割りこまれる事もなく、友達と談笑しながら時間潰せました。ホント良かった。

 

10/4 日曜なので軽めの変更
今日は軽めに書きましょうね。
先程メンバーズオンリーのフォトのページを増設しました。
ジャポカリメンバーNo.13のメタ理科 さんがさいたまの写真を沢山送って下さいましたので
私の撮った9/25分と一緒に載せましたので見てみて下さい。


そしてトップページの写真も変更してカバーバンドの動画もあまり意味無いですけど
変えてみました。スタッフウエテツとザックと良平がMETALLICA演奏しています。(歌下手)

その他国内でMETALLICAのカバーバンドされている方、是非ご連絡下さい。
こちらのCOVERBANDのコーナーで紹介させて頂きます。メールはこちら。

それと好評頂いております良平が日々書いております「一日1動画1解説」ですが
「私も毎日書きたい!」と言う方を募集します。良平のコーナーはもちろん引き続きなのですが
もうひと方、もしくは2人の方にお願い出来ればもっと楽しめるかなと、思っています。
こちらもメールにて問い合わせ頂ければと思います。 uetetsu@metallica-japan.comまで

この間のさいたまのレポートも書かないと。。。来週中目標です!
皆さんからの投稿お待ちしています!

 

10/3 9/26さいたま音源 ギタリスト寄りな感想
この1ヶ月ぐらい昼休憩に更新して来ましたジャポカリニュースですが、晩に変更しま~す。
ちょっと嫁にパソコンの前に居過ぎとかなり言われてしまいまして・・・嫁・子供達が寝てから
書くようにしようっと。 やっぱこの辺ちゃんとしとかないとこのサイト自体も長くは続けられないですしね。。

さてただ今9/26の音源を聴いております。クオリティー高っ!
この日は前日に比べてまさかの選曲の連続に歓声の大きさも凄かったと思いましたが、もう少し歓声足しても良かったかな?
今回のツアーでヴォーカルのJAMESの歌の調子を測るのに一番良いのはやはりDEATH MAGNETICの「That Was Just Your Life」
かと思います。特にBメロとサビそしてブリッジ部のキーが結構キツくてかすれる時やごまかす日もありました。
良平が紹介してる9/21のライブ映像はホントにキーがキツそうですよね。しかし来日公演は両日ともに
高音低音バッチリ出た歌で素晴らしいです。気力もコンディションも充実と言った所ですかね。
そんなライブが見れた我々は最高に幸せだと思います。

個人的には「Ride The Lightning」「Through The Never」「...And Justice For All」が
演奏乱れる事もなく・・・RIDEは2番のBメロの歌詞が間違っていますけど、全然イイんです。
こうやって聴いてると一番感じるのはギターの音は出音は結構高音がかなり上げ気味に感じられます。
エッジが立ってると言いましょうか・・・FEAR FACTORYが終わって入れ替え後、サウンドチェックしてる音の
ギターの生音はもっとマイルドな印象でした。しかし、マイクで拾ってサイドのスピーカーから出る音は
かなりクリアでメタリックなサウンド。何種類の歪みの音を用意してるか分かりませんが、速い曲になればなるほど
GAINは下がりますね。まぁ当然ですけど「FIGHT FIRE~」のようなリフの曲は歪み過ぎてると音潰れてしまいますからね。
そして「ONE」の頭のアルペジオはまさにローランドのアンプJC(ジャズコーラス)にコンプとコーラスを掛けた音。
ギターサウンドについてはまた、詳しい機材情報をメンバーズページに設けたいと思っています。
(少し先になるかな~。とりあえず来月のプレイヤー、ギターマガジン、ヤングギターの機材記事は載ると思うので
楽しみに待ちましょう。来日公演の後は本当にコレが楽しみだ!)

この日のハイライトはやはり「FIGHT FIRE~」。イントロが始まった瞬間のあの大歓声は
鳥肌ものだぜ~~~~。そして歯切れの良いリフが繰り出される。歌は逆にこの曲異常に低くて歌いにくいんですけど
極太な声はまさに強力! 完璧! 神JAMES。「そして「MASTER~」も激熱です。速っ~~~ダウンピッキング。流石!
カークのクリーンのソロは当日も気付いたけど3弦4弦辺りのピッチがやや危ないですかね。 まぁ全然OKですけど。。

わ~書き始めたら切りないな~。とりあえずこんな感じで今日はギタリスト寄りで書いてみました。
どちらにしてもスペシャルナイトの音源聴けて幸せ~。ipodに入れてヘッドフォンでも爆音で聴かなくちゃ~。

  

 

10/2 METONTOUR動画 & ライブレポート到着
あれから一週間が経ってしまいました。さすがにこの一週間こちらのサイトの作業に没頭気味で
仕事に支障が出ておりましたので更新のペースも少し落とそうと思っています。
毎日書きたいのは山々ですが、ご了承をお願い致します。

さて~まずはMETONTOURのサイトに9/26の動画がアップされています。
この日はライブのセットや演奏もスペシャルでしたが、M&Gもとても良い雰囲気。
題名がGRACIOUSと書いてありましたがまさに「上品」と言った感じではないでしょうか。
女性3名の方とギターを持った男性の方がメンバーと話されております。メンバー4人ともとても上機嫌な
感じがしてその後の最高のライブにつながった気がしますね。

そしてTURNING ROOMでは「Disposable Heroes」を練習していましてカメラ位置からするとKIRKの
音が主ですが、素晴らしい刻みを聴く事が出来ます。ソロはペンタトニック&若干クラシカルなイメージの
KIRKですが、実は彼のバッキングギターはとてもタイトで正確です。どうしてもJAMESの陰に隠れてしまっていますけど。。
JAMESはナチュラルのレスポールカスタムを弾いています。
 

そして本編は2曲目にやった「RIDE THE LIGHTNING」この曲が2曲目に来てグッとテンションが上がりましたね。大正解!
映像ではステージバックから撮った全体の風景が映っていますが、一体感が凄く合ってまさにあの瞬間を思い出しますね。
この後の「Through The Never」の流れも最高でした。

そんな9/26のレポートをスタッフ良平とNO.19 marcie さんが書いて下さっています。
良平の9/26は 
marcie さんの9/26 M&Gのレポートは  となっております。
お二人ともかなり濃い内容となっておりますので是非お楽しみください。
(個人的にはmarcie さんのレポートはかなり生々しくて超楽しめました!)

また、その他の方からのレポートも常時募集中! ジャポカリメンバーになって頂いた後
メンバーズオンリーにありますライブレポートのフォームもしくはレポートアドレスにメールを送って頂ければと思います。
皆さんでその時味わった感動や感想を共有しましょう。宜しくお願い致します。
 

明日は9/26のダウンロード音源について書く予定です~~。(さっきやっとダウンロードしました。)
お楽しみに。。。

10/1 METONTOUR & LIVEMETALLICA.COM
朝からサーバの調子が悪く繋がらない事多くてすみません。大手「お名前.COM」のレンタルサーバなのですが
どうしてもエラーが起きるらしい。フォロー・サービスはとても良いんだけど。。
今日はさいたまのライブレポートがスタッフ良平から来ていますので是非読んでみて下さいね。
なかなか濃厚な文章&写真の数々となっております。→
そして本日の良平のMETALLITUBEにも最後の最後にLARSからスティックをキャッチするシーンが出て来ます。

昨日の夕方ぐらいから9/25のダウンロードが始まりましたね。既に聴かれた方も多いと思います。
私も早速今朝ダウンロードしまして今「WHIPLASH」の所を聴いてます。驚く程の演奏力とグルーブ感!
そして音質とバランスの素晴らしさ。ホントに殆ど手直ししていないのか?と思ってしまうぐらいのクオリティーです。
聴き惚れてしまいますね。この日はノーマルセットで9/26の方が個人的には印象深かったのですが、こう聴いてると
あの日がホント蘇ってきますね。昨日の紹介したYOUTUBEといいダウンロードサービスといい、ハイテク最高っす。
まだダウンロードはしていないという方はこちら
http://www.livemetallica.com/live-music/0,382/Metallica-mp3-flac-download-9-25-2010-Saitama-Super-Arena-Tokyo-JPN.html

そしてスタッフが帰国で進んでいませんでしたMETONTOURも再始動!
9/22のChristchurchと9/25のさいたまの動画がアップされていましたね。まずさいたまですが残念ながら
「MASTER OF PUPPETS」の演奏のみの映像・・・いつもあるM&GやTURNINGがなかった。ホント残念。
是非スタッフZAKKに登場して欲しかったんだけどね、個人的にですが・・・。

そして9/22のChristchurchの映像ではTURNINGで「TURN THE PAGE」を演奏しています。
とても興味深い映像です。と、いうのもJAMESが持っているギターがFENDERのBベンダーTELECASTERでかなり良い音を出しています。
まさにこの曲にピッタリ!確認した所、PUはEMGが付いていますね。Bベンダーは2弦の開放音Bの音がネックを下に下げる事によって
ベンディング(チョーキングみたいに音程が上がる)効果が得られるギター。この曲ではベンディングしていなかったかな。
BLACK ALBUMのレコーディングのビデオで音でサボってるJAMESをBOB ROCKが連れてもどるシーンでも
TELECASTERを持っていたのを思い出しました。 とにかく良い音でTURN THE PAGEのJAMESが弾くソロはヤバいです。

そして演奏曲はDAMAGE INC. 歓声は少なめですが歌のリズムがホントに素晴らしいですね。
ギターのリフも結構入り組んでて難しいのですが、完璧!(それは当たり前か) 是非チェックを!

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.