2003年11月9日 苫小牧アイスアリーナ

この日の事もきっと忘れる事はないでしょう。METALLICAのファンクラブ「METCLUB」の最大の特典と言えばなんと言ってもメンバーに

舞台裏で会える「MEET & GREET」です。普段通勤通学でいつも聞いてるMETALLICAのメンバーに直接会って話して写真と撮って貰い

サインも頂けるという、他のバンドやミュージシャンのファンクラブにはないスペシャルな企画です。98年の時は抽選ではなかった為、

また少し違うのですが、この2003年のMEET & GREETは5公演参戦するので絶対に当たって欲しいと思っていました。そして、参加者が

少ないと思われる札幌で当選! 当選メールが来た時は件名のCONGRATULATION! で即分かって弟の良平に電話。2人とも当たってて

超嬉しかったです。 そして、今回もギターにサインして貰いたいって事でESPのエクスプローラーにサインをして貰おうと札幌のホテルへ

広島から送ったのでした。

 

北海道へは羽田から。人生初の北海道で空港の大きさにビックリ。ホテルへ向かうバスの車中、のどかな風景を横目にライブ会場横のホテルへ

直行。 この日はM&Gがある事とまたもやチケットが2枚余ってて、それを売らなければいけない状態でした。この日のチケット、既に最前列を

2人分持っていましたが、間違えて海外販売サイトでも買ってしまい、当日受け取りとなっていました。 まずホテルで送ってたギターを受け取り

かついで会場の当日券売り場でその予約されたチケットを受け取りました。そのチケット。 なんとまたもや最前列! これを売らなければなりません。

東京なら速攻売れるしダフ屋も沢山いるのですが、札幌は違います。 その日はソールドアウトになっていませんでしたし、ダフ屋もおらず

結局売る宛てに困った我々は当日券を買いに来たカップルに声を掛け、定価でそのチケットをお譲りしました。相手の方は「本物?」と半信半疑でしたが

きっと喜んで貰えた事でしょう。目の前にジェイムズですからね。

 

そしてMEET & GREETの集合場所に行って並んでたら前回98年の広島で一緒にJAMESに会った大阪の女の子に偶然会いました。「もしかして~?」

みたいな感じで声掛けたらホントでお互いビックリ!5年ぶりの再会がまたもやM&Gなのですから。 一緒に入ってた良平が普通ではありませんでした。

前回は良平が大好きなLARSには会えなかったのですが、この時のツアーはメンバーが必ず全員登場する事が分かっていましたからね。今まであれ程

落ち着きのない弟を見た事はこの時以外にありません。ずっとベラベラ話してて緊張してた。  そして約1時間近く経ってようやく部屋に通され~

メンバー達が次々登場! 

 

 

まず入って来たのはLARSだったかな? 自分達が居た場所の反対から対応してたので順番は最後となりました。しかーし、すぐロブが入って来て我々の前に。

話す間もなく写真撮って貰い、サインを頂きました。なかなか良い写真が撮れました。嬉しい! そしてKIRKが登場。以前ESPで塗装の仕事を

してたっていうと、まさに「ふ~ん」と全く興味を示さず、写真とサインを頂いて終了。次はJAMES。私の神、JAMESは御存知の通り、体が

かなりデカいJAMESは隣に居るだけでかなりの威圧感がありますよ。やや不機嫌っぽく感じてしまった私はちゃんと喋れず。。。後でかなり後悔。

ギターの事を聞こうと思っていましたが、言葉が出て来なかった。。。次回はちゃんと練習して話そうと思いましたね。 そしてLARSが最後に。

今回、良平嫁が作ったバナーが好評でそれを広げるとどこへ行っても皆がそれを見るし、11/7にLARS本人も笑顔でスティックを渡しに来るし。

目の前に現れたLARSはいつも通り和やかで、かたやカチカチの良平。言葉を交わすわけではありませんでしたが、とても良い空気感でした。

M&G、結構緊張&あっと言う間なのでもし次回当たった方は、しっかり準備して英語で話す練習を必ずしておきましょう。会話が全くないと

寂しいです。でも夢のような時間というのはまさにこういう事だと思います。 ホントに凄いよM&G。

M&G後、開演まで殆ど時間がないという事で、まさに舞台裏を通ってステージ横から最前列に到着。「こんな事ってあるの?」って感じですね。

ギターは預ける場所がない為、不安ながらもパイプ椅子の下に。そしてあっと言う間にライブスタート!

この日の演奏は1曲目からBATTERY~MASTERと強力なスタートを切って進行。あまり大きいとは言えない会場でしたが、かなりの大歓声

でしたね。広島と同様、地方都市は外タレのライブはなかなかないですし、あってもなかなかいっぱいに入らない現状がありますので。

最後はAM I EVIL~SO WHATとカバーチューンで締め終了。またもやLARSは良平にスティックを持って来ましたよ。あとタオルも。

終わった後、M&Gで一緒だった女の子達がピックが落ちてないか探してたので、何枚か拾った私はそれをその子にあげると大喜びでした。

後で聞くとメンバーはその日札幌に泊らず、東京へ戻ったらしい。なるほど~だからサクッと終わってササッと客電が点いたんだな。

 

 

そしてホテルに戻った私達は今日の収穫?を見てニンマリ。「人生生きてて良かった。有難う!」と心から思うのでした。。。

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.