2011年12月5日 FILLMORE , SAN FRANCISCO

オールスタンディング きっと15列目ぐらいで観た。

 

PART I

2011年夏に発表されたMETALLICA30周年記念イベントFILLMOREは私達METCLUBメンバーの想像を超える過酷な抽選で沢山の残念な声が上がっていました。

私も落選したうちの一人だったんのですが、幸運にも弟・良平が12/5の1日目の公演のチケットが当たり夢にまで見たファンクラブイベントに参加する事となりました。

飛行機・ホテルなどの予約をして徐々に気持ちを高めて行くさなか、せっかくだから現在カナダ・バンクーバーに住むザックの所に行こうという事となり

そちらで今まで一度もやった事もないスノーボードまでやる事となりました。それもバンクーバー五輪の会場であったスキーリゾート地・ウィスラーで(笑)

 
成田空港よりいざバンクーバーへ。機内はかなりガラガラで最新設備のディスプレーなど快適そのものでした。今回は弟・良平と昨年のさいたまも一緒に行った
下地君とその彼女の4人でバンクーバーに向かいました。向こうではスタッフZAKKにかなりお世話になり、超楽しかったです!

 
METALLICA前に無謀とも思える初スノボ IN ウィスラー。一年半前に行われたバンクーバー五輪の開催地です。

 
標高2000mを超える雪山に快晴の天気! しかし氷点下でダイヤモンドダストが美しい大自然を満喫しました。
宿泊したコンドミニアムでは友達5人で露天ジャグジーにも入って大満足。 暖かそうですが外気温はー5℃以下だったと思います。最高!

 

 

フィルモア前に初めての雪山で骨折したら<おおごと>と思いながらも、かなり楽しみました。コレはこれでまた行きたいと思いました。

そして12/5の早朝AM5:00起床AM6:00にザック邸を後にしてサンフランシスコに向かいました。バンクーバーからアメリカへの渡米は入国審査がバンクーバーで

行われると言う事でいきなりバンクーバー空港から緊張。 しかし無事通過しまして飛行機で2時間半。サンフランシスコに到着~。AM11:30ぐらいでしたかね?

そして街までBARTっていう電車に乗って約30分ぐらいかな? 目的地のパウエルストリート駅に到着しました。

 
空港から街までの電車BARTのキップ自販機はボタンを何回も押さないといけず不親切そのもの。。。難しすぎ。 
良平が色々調べてくれてたからスムーズに買えたけど、SFに行かれる方はちゃんと調べて行った方が良いですよ!

 
パウエル駅から少し歩いて街のド真ん中のUNION SQ。気候もよく暖かくて過ごし易かったです。

 

まずはそこからホテルを目指します。 今回宿泊のホテルは私が2週間ぐらい掛けてネットの口コミ情報を見まくって決めたドナテロホテル。

5点満点中4.1点の高評価が決めてでしたが、泊ってみて余りのサービスや対応、部屋の綺麗さ、全てにおいて100点満点のホテルでした。いや~また泊まりたいです。

こんなホテルが沢山あれば良いのにと思いました。皆さん、サンフランシスコへお越しの際は是非ドナテロホテルをお勧めします!

 

 

そして夕方16:30ホテルを出発。 中心地からバスで約15分ぐらいのFILLMOREを目指します。 バスに乗ると一番奥の席にMET Tシャツを着たラテン系の少年発見。

他には見当たらず「少ないなぁ~」なんて思ってたらすぐFILLMOREストリートに到着。 周りはいきなりMETCLUBERで溢れていました。

 

そしてすぐ日本から行かれてて事前に連絡を貰っていました方々と昨年のさいたま以来のご対面。 軽く挨拶しながらも行列の前の方にいらっしゃるので聞いてみると

AM10:00から並んでるとの事。「え~マジで?」 既に7時間もMETALLICAを前で見る為に並んでいるとの事でした。マジ情熱! 本当に脱帽です。

そして後ろに並ぼうと移動してる途中、オレンジのシャツを着た日本人の方に声を掛けられ談笑。「サイト見た事あるから、顔知ってます」って。

その方のお誘いで他の世界中から集まったTHE METALLICA COLLECTOR CLUBの方々を紹介しますとの事で少し歩くと同じオレンジシャツを着た集団がニコニコしておられました。

とりあえず記念撮影開始。写真撮ってたら「俺も。俺も。」とどんどんカメラが出て来て一同爆笑。 ホント良い雰囲気で楽しかったです。

 

 
オーストラリアから来た人が「2006年に東京でM&Gに行ったんだけど、行ったかい?」って聞いて来て
「自分は1998年と2003年に当たったから2006年は入ってないよ」と答えたら「2度もM&Gに入ったの?」と言っておられた。
まぁ1998年の日本公演のM&Gはクラブメンバー全員がM&Gに参加出来たんだよと伝えたら「WOW」と言ってました。。
このオレンジ軍団の方々はこの後、FILLMORE内でも結構近くで見られてて笑顔で会釈してくれるとても素敵な人達でした。
色がオレンジなのでかなり目立ってましたね。

 

そして一番後ろに並んで到着!ホッと一安心。 自分達の感覚できっとちょうど半分の500人ぐらいの所かな~という感じでした。

それから1~2時間はダベリながら過ごして・・・PM6:30会場。列は徐々に進んで行きます。

 
前・後ろともにアメリカ人の方ばかりでしたね。年齢は50才ぐらいのオッサンが多くて、皆かなりの横幅がある方が多かったです。
ジージャンにワッペンがいっぱい付いてたおじさんはバナーも作って来られていましたね。

 

 
一番驚いたのはチケット当選者ではない方が沢山来てて「誰か一緒に入れてくれない?」と紙に書いて並んでた事。20人ぐらいは居たでしょうか。
きっと他の公演日に当選しててSF入りしてる人だと思いますが、晩で結構寒い中、色々な人種の人がプラス1を探していました。

 

 
会場外、目の前にはメンバー及び家族用と思われる移動楽屋がセットされてました。

 

 

自分達が会場入り口に来たのはいつごろでしょうか?PM7:00ぐらいかな? チケットレスの公演のチェックの仕方は

結構シンプルでボディーチェックを受けた後、アルファベット別で並んだ列でID見せてチケットを貰ってバーコードをピッと。

そして入場。。全くもってシンプル! 時間も全然掛かりませんでした。

 

 

 

 

動画の最後の私のコメント・・・「入って無かった。。。残念」

コレは今回のイベントの手前にMETALLICAと一緒に演奏出来るかもというコンテストがあり、それに私応募していました。

その結果はチケットが入っていた封筒にメモが入ってたら当選という事だったのですが、入っていなかったんですね。。本当に残念でした。。

しか~し帰国したあと、METCLUBより「もしかしたらメール」が届いているのを見て、より一層な残念が私を襲って来ました(涙)詳しくは後ほど。。

 
チケットはこんな感じです。番号は1つ1つナンバリングされててバーコードでピッと通すだけ。この日の色はグリーン。

 

 

 

って事でようやく会場へ入場! 2003年に行われたFILLMOREから8年、とうとう私もこの会場に入る事が出来ました。

会場はまさに歴史を感じさせるハコでトレードマークのシャンデリアも吊ってありました。それ見たら「とうとう来た~~」という

気持ちがより一層。。。 そして横のバーではビールはもちろん、ウイスキーやバーボン、カクテルなど普通のバーと同じ感じで

酒が売られていました。そしてその隣にはその日のみのレアマーチャンダイズコーナーがあり、人だかりがしていました。

 
入ったばかりの状態はこんな感じ。前の列は少し並んでいましたが、大多数は後ろや横のバーでゆっくり待ってる感じでしたね。

 
まだ早い時間はこんな感じ。我々もビール頂きましてゆっくり待っていました。

 

 
FILLMORE限定マーチャンダイズはこんな感じ。Tシャツは$35~$40、ポスター$10、BBジャージは$125。デザインは相変わらずというか
普段着れそうなものはなく、良平は「買いたいものがない。。」という始末。私はTシャツ3枚とピック3セットを購入。

 
PUSHEAD TとxXx Tを購入。BBジャージは悩んだ末、買いませんでした。BIG4のヤンキースBBジャージの方がカッコ良いかと思って。。

 
ピックは6枚セットで$10と激高っ! JIM DUNLOP製のTORTEX0.88に絵柄が入ったモデルです。

 

時間はかなりあったので前から後ろまでウロウロ色々チェック。ステージには前座がありますと言わんばかりにLARSとは別のドラムセット2台。

(1台のメーカーはPEARL DRUM)その他、置いてある機材も色々チェック。右側がKIRK、左側がROBとJAMESの機材が置いてありました。

後ろに行きますとPAはもちろんBIG MICKが担当しており、会場外には昔のオールドポスター(フライヤー)が色々貼ってありました。

 
LARSのドラムには布が掛けてあり、その前にはヘンテコなセットとPEARLのドラムセットが。 まさに「?」って感じでした。

 
BIG MICKに話しかけて写真をお願いしようと思いましたが、ずっと忙しく話してる様子だったので遠慮しました。

 
METCLUBのPICTUREで見た事があるフライヤーの数々が会場外に飾ってあり皆写真撮っていました。この横には
荷物預かり所があり1個$1.50で預かってくれました。超安い! 


トイレの外にはMETALLICAロゴ文字で「MEN」(笑)

 

 

そして2階には家族席・ゲスト席が設けられており、色々な人が座っておられました。新しい人が入って来て誰かが見付ける度に

大歓声が起こって迎える感じでしたね。 一番の大歓声が起こったのはもちろんJASONが現れた時でした。本当に最高な雰囲気でした。

 
一番右にLARS。きっとブラスホーンズを見てる時だったかなと思います。 右の写真はLARSのお父さんも来られていました。

 
クリフのお父さん、レイ・バートンは立って手を振って大歓声。 その後にはJASONの影が見え、会場騒然。そして大歓声! 
この時点でJASONがメンバーと演奏する事は知らなかった為、ステージに上がった時は本当にヤバかったね。

 

そして私が荷物を預けに行くと、突然ホーンセクションの演奏がスタート。。驚いて会場に戻ってみると

ステージ下で演奏してるホーンメンバー。。。会場の温度がどんどん上がって行き期待はドンドン膨らんで行くのでした。。

 

 

 
ホーンズの演奏で会場の雰囲気はとても和やかに。。さすが!ナイスアイデアでした。METCLUB映像シューティング班も大忙しだったかと思います。
しかしこの時点でまだ8時ぐらいでしょうか。。バンドのライブスタートまではまだ3時間近くありました。。

 

とりあえずパート1は終了。 パート2に続きます。↓をクリック。

 

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.