2000年7月14日 3com park, San Francisco, CA

もう既に10年も前になってしまいますが、当時私は楽器販売員の仕事を辞めサラリーマンをしていました。それも短い間でしたがスーツをビッチリ

着て毎日超残業のなか、パソコンと格闘していましたね。でもメタリカ熱は全く冷めず、この頃一番お金使って色々買い漁ってたかも。。。

アルバムは全く出る気配はありませんでしたが、メタリカはほぼ毎年サマーツアーをやってましてこの年も自身がヘッドライナーを務める

「SUMMER SANITARIUM STUDIUM TOUR 2000」と題しまして全米15都市だったかな?を周るツアーをすると発表。当然私は反応。

渡米を決意!会社と嫁を何とか口説き落として3泊5日2都市の超過密渡米をする事になりました。目的はライブ観戦のみです。 今も

仲が良い友達の川本コバーンに「アメリカにメタリカ見に行くんだけど、行かん?」って誘ったら「行きます行きます」とほぼ即答で彼と2人で

行きました。今考えると下の子供はまだ1歳だったしお金もそれほど余裕がありませんでしたが、有給使って自分への御褒美、そして情熱。

無理して行かせて貰ったなーと思っています。ホント嫁には感謝です。

 

渡米はこれで3回目だったし当時もチケットはチケットマスターで買えたし、飛行機も宿も全てネットで予約。殆ど英語は出来ませんが、調べながら

やれば予約もチケット現地受け渡しも問題なく出来ました。広島から関空そしてサンフランシスコの空港に到着。この時の移動は全てタクシー

だったのですが、これが後でとても痛い目に合う事となります。まずホテルにチェックインして眠たいながらも移動。会場の3COM PARKは

アメフトの49ersの本拠地でかなり郊外にあり治安が明らかに悪い感じの場所でしたね。そしてまずチケットを受け取りにBOX OFFICEへ。

この時はすぐ発見してドキドキしながらプリントアウトして来た予約メモとパスポートを確認。全く問題なくチケットゲット。超嬉しい。やっぱり

取れてなかったらどうしようと心配していましたからね。そして会場入り。はっきり言って予想以上の雰囲気に度肝を抜かれましたね。

 

「ライブビデオに出て来そうなスタジアムの光景でしたね。昼間のリラックスな雰囲気は最高でした。」

 

昼過ぎからスタートして5バンドが演奏だったのですが、入場した時は既にSYSTEM OF A DOWN, POWERMAN5000は終了してて

KID ROCKから見ました。 当時かなり流行っていたので盛り上がりも凄かった。そしてKORN。オリジナルメンバーだった彼らはまさに超強力!

以前WOODSTOCK99で見ていたあの盛り上がりが目の前にありました。ヘヴィーロック全盛で中心的なバンド。モッシュの波は

ハンパなく将棋倒しになる事もしばしば。本当に恐ろしい。この時に思った事はスタンディングの時は必ず靴のヒモをしっかり結ぶ。踏まれて

脱げたら絶対に見つかりません。そしてその後酷い苦痛を味わう事になります。 そして無理をしない事。前に行くのは良いですがホントに

グチャグチャになりますからね。気をつけましょう。 この時、何度か見た将棋倒しですが倒れてしまうと自分の力では絶対立ち上がれないので

周りに居る人が手をつないでそれ以上倒れないようにして少しずつ救助していく所を見ました。 やはりこういう場所でも助け合いは

不可欠だと思いました。

 

「自分でもビックリするぐらい凄い所で見てる。KIS ROCKもKORNもかなり良い雰囲気でした。」

 

そして70000人の大歓声の中、メタリカ登場!サンフランシスコは地元ですからね。ある意味熱くある意味冷めてる感じはしましたね。

私ウエテツは183cmの身長があるのでスタンディングでも問題なく普通に見れましたね。どんどん前に行って最高で4~5列目までは行けましたが

それ以上は無理。後退して大体10列~15列ぐらいの所で見ました。当時はまだデジカメも持っていませんでしたから、写真は写ルンですで

撮ったかと思います。暗くてステージはあまり写らなかった。。 ライブ中どうもメンバー間(特にJAMESとJASON)に不穏な空気が流れてた

ように思います。JASONは最前列の客にかなりヤジられていましたね。JAMESも明らかに機嫌が悪かったかな。そんな感じでライブ自体は

良い出来だったとは思いませんでしたね。でも初めての海外メタリカの雰囲気は最高でした。叫びまくったー。

「ホントはメタリカのライブをバックにコバーンに撮って貰ったのですが後ろは全く写ってなく。。。残念。」

 

 

そしてライブ終了。ここからがマジ大変でした。もう2度と味わいたくない。。。

当然70000人が一気に帰ろうとしますので車は大渋滞。そしてこの日は週末で終わった時間は夜の11時ぐらい。タクシーの殆どは乗車拒否で

乗せてくれません。尚且つ7月のSFの夜と言ったら激寒です。 その時Tシャツしか持っていなかった私達2人はマジ凍えそうでした。

乗せてくれるタクシーを探して2時間ぐらいかな。やっと捕まえてホテルへ。部屋に着いたのが2時過ぎてたかな。もうヘトヘトでした。

皆さん、もし海外でライブ見に行く時は会場とホテルの足はしっかり確保しましょう。レンタカーでも良いですし、友達に迎えに来て貰っても良いですし。

サンフランシスコはそんな感じでした。

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.