2004年11月27日 Arrowhead Pond , Anaheim, CA

アナハイムはサンディエゴの3日後って事で状況もよく分かってたし、LAから近かったので気分的には楽でした。しかーしその日は雨。

雨の少ない西海岸。でも一応寒い中外で待つのはと思って持って行ってたダウンのコートがえらく役に立ちました。でも、周りはTシャツ1枚で

ブルブル震えてる人が多くてね。あるチビの白人からは嫌味まで言われる始末。ZAKK曰く、アメリカのメタル聞くような人達はムカつくヤツが

多いとか。日本ではその逆でこんな音楽聞いてるのに静かで律義な人が多い印象ですが、アメリカはイメージのまま危ないヤツも多いとの事でした。

 

そして会場入りしまして(コートや邪魔なものはもちろん手前で車に置きに行った)チケットは当時全くなかったバーコードで「ピッ」って。

凄いね。もぎりの必要無し。そしてまた中で待って今回もサイドの最前を目指しましたが、残念ながら2列目でした。ザックと古藤は最前だったかな。

隣に居た白人のおばちゃんがバナーを作ってて「ラーズ~」出会い系サイト的売り込みバナーで「このツアー何回目?」って聞いたら4回目でカナダ

から来たって言ってた。でもかなり素っ気なく笑顔もなかったです。白人の女の子は基本アジア系の私達には全く興味がありません。知っておいた方が

良いと思います。  そのバナーおばさん、このライブの次のBURRNに思いっきし載ってた。 隣に居たのに我々は全く載って無く。。。まぁ良いけど。

 

そしてライブスタート。サンディエゴとほぼ同じ曲・同じ流れだけどどうも3日前の方が良い気がする。それは演奏の善し悪しとかではなくメンバーの

モチベーション? とにかく熱気がイマイチに感じました。大好きだけどやっぱイマイチの時もありますよ。グッと来るシーンもあったのかもしれませんが

あまり覚えてないかな。  帰りにロゴベースボールシャツを買って帰りました。バックには「ONE」と書いてあってかなり気に入ってましたね。

 

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.