2006年8月13日『猛暑のサマソニ!』

 

お盆真っ只中のサマーソニック大阪。

METALLICAがフェスティバルに参戦するのは意外でしたがこの時期のMETALLICAはヨーロッパ各地

におけるフェスティバルに参戦してたので来日するとしてもフェスティバルかなと予想、スバリ的中。

正直猛暑のフェス参戦はあまり気が乗らなかったのですがやはり参戦決意。

 

まぁ~でも本当に暑かった(激汗)。

会場の中にある某高級ホテルに泊まって大正解、到着直後すぐに会場に出向いたのですが

あまりの暑さに参りMETALLICA出番前までホテルで休息、これ本当に正解でした。ビールを

飲んでもすぐに汗で出てしまう程、ず~っといたら熱中症になりますね。過酷な環境でした。

他に見たいバンドが全く無かったのでMETALLICAの直前に会場に出向きステージ横付近にて

待機。前のバンドが”最後の曲”ってアナウンスした位にゴソゴソとステージ前の方に入り

準備、でもこの時点で結構混みあっており何だか嫌な予感。友人がいたので開演まで談笑

してたのですがSE”ECSTACY OF GOLD”が流れると状況一変、後ろからの圧力が増し・・・。

 

メンバーが登場すると会場爆発、冒頭曲『Creeping Death』が演奏されるとまさにそこは

カオス状態(汗)。さっきまで横にいた友人があっという間に視界から消えてしまいました。

2曲目の『FUEL』は・・・少し思い出したくない位凄まじい状況(笑)。

この来日公演で期待されてたのがヨーロッパでも演奏されてた『Master of Puppets』完全再現

をここ日本でもやってくれるのかという事。これがこのフェスに参戦した一番のきっかけ。

で、完全再現やってくれました!

 

『Battery』~『Damage, Inc.』の流れを聞いてるとやはり歴史的名盤なんだなと。

それとこの国の人達は本当に速い曲が好きなんだなぁ~とも改めて思いましたね(笑)。

 

完全再現が終わった時点で僕のテンションも右肩下がり状態、アンコールの『Enter Sandman』

の時点でステージ横まで出てモニター画面で新曲と言われた『The Other New Song』を聞いて

会場を後にしました(『Seek and Destroy』はホテルに帰る時のBGMでした:笑)。

  

『Master of Puppets』完全再現を見れた事で大満足、ホテルでビショビショになった服を

乾かす兄貴と夜遅くまで話込んだ夜でした。

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS MEMBERS ONLY
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.