ハンドルネーム  No.25 neoyuka さん

ライブ年月日 年 月 日   2010年9月26日


ライブ場所・会場  さいたまスーパーアリーナ

スタンド10列目


初日9月25日は、過酷な最前列を初体験。
おまけに、ゲットできるはずだったLarsのスティックをもらいそこねて、放心状態で家路についた私。
しかし、26日はMeet&Greetというお楽しみがあったので、家に着く頃にはすっかり立ち直っていた。

Meet&Greetにエントリーするのは2回目。
とにかくチャンスは誰にでもあるのだから、エントリーしなくっちゃね!
メンバーだけのお楽しみがファンクラブの醍醐味なのだから、ファンだったら絶対にファンクラブに入らないと!

ジャポカリメンバーNo.19のmarcieさんとは、来日公演が発表される1ヶ月くらい前に知り合った。
きっかけは、METALLICAの海外公演の情報収集をしていたmarcieさんが、私のブログ見つけたことだった。
お互いにファン歴が浅いので様々な情報交換したり、英語が堪能なmarcieさんにMETALLICAサイトの内容を教えてもらったりした。

そして、Meet&Greetの発表の日!
なんと、メールが! この時の感動は忘れられない。
早速、marcieさんにメールをすると、彼女も当たったというではないか!
すごい確率…こんな奇遇なことって…ね。
それからというもの、バナーのことやメンバーとどんな話をするかとかをメールでやりとりしたり、
ミーティングをしたりと、忙しい中でも楽しい時間を過ごしたことは言うまでもない。


さて、当日26日のMeet&Greetの様子はmarcieさんの
ライブレポに詳しく書かれているので読んでいただくとして、
ここでは二人で協力して撮った写真も含めて紹介したいと思う。
Meet&Greetでの写真撮影は、メンバーとのツーショットの他に、自分の
テリトリーから動かなければ自由に撮影してOKとのことだった。
でもこれって、自分とメンバーが話している様子は撮影できない。
しかし、私たちはメンバーと話している場面を写真に収めることができた。
ちなみに私とmarcieさんは『Met on Tour』のビデオにも登場させていただいたので、なおさら嬉しかった。
(私は最愛のLarsとの場面だったので最高に嬉しかった…と同時に恥ずかしい場面でもあるが…)

●ひたすらサインを待つLarsシグネチャースネアとハーレーのタンク


●Rob登場!


●スネアの内側にサインするのはちょっと大変そう…


●ツーショット!


●25日のバナーをLarsに見せる私。Lars「I like it!」って言ってくれたけど…


●問題のバナー!


●「このバナーは私が作った!どうして他の人にスティックあげたの?」
  Lars「He lide?」「Jesus!」



●スネアにサインしてもらってますが… 「あっ!」Larsの手が滑った…


●スネアのLarsのサインは、不可思議なことになってます…


●ハーレーのタンクにサイン。こっちは余裕の表情のLars!


●ツーショット!


●「Would you hug me?」


●marcieさんとLarsのツーショット


●Kirkにフィギュアの話をしているところ


●ツーショット!


●Jamesにプレゼントを渡すmarcieさん


●ツーショット!


●Jamesのサインでハーレーのタンク完成!




幸運にもMeet&Greetに参加できたら、お隣さんと協力して写真を
撮ることを絶対オススメします!想い出が倍増すること間違いなし!


この後、私はスタンド席でライブを観た。
最前列の過酷さにめげてしまったことと、この日はMETALLICA初体験の友人と一緒に見る予定だったので、
彼女にケガをさせてはなるまいと、チケットを交換してもらったのだ。
席はステージ右よりの10列目で、ずいぶん遠いイメージだった。
しかし、METALLICAの音を余裕で楽しむことができて大満足。
初METALLICAの友人は、METALLICAの偉大さを実感し、さらにファンたちが大合唱する姿に驚き、
METALLICAファンの情熱に圧倒されていたようだ。

次回はいつになるかわからないけど、今度こそLarsのスティックをゲットしたい!
ジャポカリメンバーの最前列指南を参考にして、万全の準備をして臨みたいものだ。


HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.