ハンドルname:ブリッツ さん

1986年11月17日 愛知厚生年金会館

 

24年前の懐かしい記憶をたどり、ライブレポートを書いてみたいと思います。

Kill'em All」を友人の兄から借りてからというもの、予約して「Ride the lightning」を購入し、メタリカテンションが高くなってきたところの、

Damage Tour」で来日決定。高校生だった私たちは、チケットを取るために地元岐阜のチケット売り場に前日入りして徹夜で並びました。

(すでに先着者がいたのもびっくりしましたが)取ったチケットは9列目。友人6人くらいで見にいった記憶があります。

そんな待ちに待った日を前にしてクリフの事故を聞きます。クリフが大好きだった私のショックは大きいものでした。

「日本に来るのか?」と騒がれていた中、新しいベーシストが決まったと聞き、ほっとした覚えがあります。

 

 

さて当日、会場に入ると、女性はほとんどいなくて、全身黒づくめの男集団が「わさっ」といます(2階席は空いていたような記憶があります)

1曲目の「Battery」が始まった瞬間に、前にいたほとんどの客の頭が下に下がり、「大ヘッドバンキング大会」が始まりました。

正直、カークのソロ以外は、ほとんど首を振っていたような気がします。それが私たちなりの彼らに対する敬意の払い方でした。

なんせ「Bang that head that doesn't bang 」でしたからね。

新しいベースはどうだ?という感じでJasonのベースソロを聞いていました。ピックで弾いていたのが、私にとっては残念でした(この当時はです)

ライブが終わり、みんなで「とりあえずJasonは合格かな?」なーんて生意気な会話をしていた記憶もあります。

またアルバムのペースよりもはるかに早いペースで進む楽曲にびびりながらとにかく頭を振り続けたライブでした。

最後の「Fight Fire With Fire」が終わったあとは、なんとも言えない達成感(首を振りきった)と、痛みがありましたね。彼らも私も若かったです。

 

http://www.metallica.com/timeline.asp?page=tour&id=1338

 

PS:ツアーパンフの、裏表紙のクリフの写真に黒い線が引かれてあるのがいまだにわかりません(どなたかご存じの方がいましたら教えてくださいね)

 

 

また書きますね~。

HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.